【解説】WWDC2017で出たモノその4 / iMac Pro

Mac Pro越えたwww

どうもこんばんは、虎豆しば2号(@mamesiba9171)です!

さてWWDC 2017で発表されたモノ解説シリーズその4はiMac Proについてです。発売開始は今年の12月となっていてザックリとしたスペックしか出ていませんが、今現在出ている情報のなかで解説していきたいと思います。それでは見ていきましょう!

⚪︎プロセッサ

以前からiMacにXeonプロセッサが載っかるという情報は出ていましたが、それはこいつのことでした。

コア数は

8コア、10コア、18コア

から選べます。

これがXeonの18コアの場合だと現行モデルのMac Pro(Late 2013)よりもスペックが高いということになるわけですよ。今まで「iMacはどうせノートマシン用プロセッサしか積まないから買うならMac Proだな」などと考えていたのでこれにはビックリです。

まぁXeonの中にもE3やE5などとランクがあるのでそこでMac Proと差別化を図るということなんだと思います。

まぁ現時点でボクがiMac買ったらするであろう作業を考えるとオーバースペック感は凄いですけどねwww

⚪︎グラフィックス

通常のiMacにはAMD Radeon Pro 500シリーズが搭載されていましたが、このiMac Proでは同じAMD Radeon ProでもVegaシリーズが搭載されています。

まぁぶっちゃけ何が違うのかはよく分かりませんが(殴

公式によると今までのiMacのGPUより3倍以上速いそうです。

またビデオメモリを見ると通常版iMac(2017)ではマックススペックで8GBでしたが、iMac Proでは

ノーマルスペックで8GB、CTOすると16GB

にまで上げれるそうです。

PhotoshopやIlustlatorなどグラフィック系ソフトをバリバリ使う人にとっては嬉しいかもですね。

⚪︎メモリとストレージ

これまた凄いんですよ……今までのiMacではメモリが64GBまでサポートされていましたが、今回のiMac Proでは何と

128GB!!!

までサポートするみたいです。なおノーマルスペックでは32GB、CTOで64GBと128GBが選べるようです。

ただしこのiMac Proのメモリ、実はかなり重大な問題を抱えているのです。それが↓

そう、ユーザー自身でのメモリ増設が不可能なんですよ!!!

通常のiMac 27inchの場合はユーザー自身でメモリ増設が可能なので購入する際は一番小さくしておいて、別でメモリを調達することで出費を抑えることが可能だったわけですが、今回のiMac Proではそれが出来ないのでメモリ128GBが欲しい場合はAppleのCTOに頼るしか無いのでお財布には厳しいですね……

そしてストレージに関してはノーマルスペックで1TB SSD、CTOで2TB、もしくは4TBのSSDが選べます。ボクは買うならSSDモデルにするので良いのですが、Fusion Drive派の人にとってはこれもお財布に厳しいと感じるかもしれませんね。

⚪︎Retinaディスプレイ

Retinaディスプレイは通常版iMac(2017)とあまり変わらず輝度500ニト、43%明るさが向上し、10億色に対応しているそうです。ただGPUがこちらのほうが強いので映り方などに多少の違いはあるかもしれませんね。

⚪︎接続と拡張性

接続端子もProとなっています。というのも通常版iMac(2017)ではThunderbolt 3ポートが2つしかありませんでした。しかしiMac Proでは

Thunderbolt 3ポートが4つもありますwww

さらにEthernetポートが10Gb Ethernetとなっています。

今後はThunderbolt 3(USB-C)がメインの端子となると思われるのでこれは長く使うことを考えると良いかもしれませんね。

⚪︎その他

iMacには本体、キーボード、マウスが付属するのが当たり前でした。もちろんiMac Proにもそれは変わらないのですが、このiMac Proに付属するものは通常版と違いスペースグレイとなっています。なおメモリ同様このスペースグレイMagic Keyboard、Magic Mouse、Magic Trackpadは単品購入が出来ないので注意が必要です。

この事については後日別の記事で述べたいと思います。

そしてiMac Proには通常版iMac(2017)よりもCPUもGPUも強くなっているのでそれに比例して発熱も凄くなっています。なのでファンも大きくなっています。

iMac Proに搭載されているファンはデュアルブロワー、超大型の放熱板、追加の通気構造を取り入れました。その結果iMac(Late 2015)と比較して67%大きい500ワットタイプに対応しているようです。

またスピーカーも今までのiMac(Late 2015)よりも良くなっているみたいです。まぁ結局ボクの場合外部スピーカーを取り付ける予定なので

あまり関係ないんですけどねw

⚪︎まとめ

というわけで如何だったでしょうか?

凄まじいスペックを引っさげて出てきたiMac Pro、たしかに凄いのですが発売は今年の12月。そしてそれをもう少し待つと今度は次期Mac Proが候補に入ってくるんですよね。Appleが公式で次期Mac Proはモジュラー式になるということで少なくともiMac Proよりは自由度、カスタマイズ性は上がると思うんですよ。んでそうなるとそっちの方を待ったほうが良いのかなぁとなかなか悩ましい感じですw

まぁオーバースペックなのは変わりないのでボクはデスクトップMac買うことになったら大人しく普通のiMacを買うと思いますw

さて次回は今回のWWDC 2017での目玉である新型iPad Proについての解説をしていきたいと思います。

ではでは。