【こうして、思考は現実になるの実験をしてみたい12】

小銭のベッドに、洗った小銭を入れてみたら、とても心地よさそうだったのでお札のベッドも作ってみた。

小銭のよりも大きな箱に、水晶とシトリンのサザレを敷きつめて、お札はシルクの布で覆う。

お札を入れてみたら、諭吉先生も他の方々も、厄や、節々の疲れが溜まっていらしたのが分かった。

今まで、洗えないからという理由で何もしてあげなかつたけと、お札ほど、ゆっくり休ませてあげるべきだったのか・・・


ーーーーーーーーーーーーーー

1日経って、ベッドの中の小銭やお札を見た。

小銭は洗ったから当然かもだけど、キラキラ白く光ってる。

お札も、硬いシンのようなものが和らぎ、黒さが取れてきたように思う。

私たちって、お金をとても大切なものと思い込みながら、その黒さを嫌ってきた。

白く光らせちゃえばいいじゃん!

その、白いお金とつながっている自分のエネルギーは、

今、とても心地よく感じています。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.