思い出

「先生、風邪ひいたみたいなんで、みてください」

「なにい?風邪かどうかは、医師である私が決めるんだ。勝手に判断するんじゃないっ!」

「‥、は、はい‥‥」

厳しく頑固な かかりつけのドクターがなくなって、もう七回忌だそうで。

どうやら、ぼくだけでなく、地元のみなさんみな、同じように、よく叱られていたらしい。

「酒をのみすぎるとはなにごとだ!」

「仕事が忙しくて病院にこれないなんてなにごとだ!」

「あなただけじゃなく、あなたと家族の大事なあなたのからだだろう?!」

怖かった (笑)

でも、厳しく、愛のある、頑固なお医者さんでした。

ありがとうございました。

さびしいです。先生。

Thank you for your warm and strict dicision and talk.

You were always say straight and clearly about our health attitude.

Dear Doctor.The Strict man.My

memorial words from you.

I miss you,Doc KO.