シゴトに対する熱量の話。

久しぶりに思考の整理用に文章を書こうと思う。独り言のようなものだけど。

最近2年近く携わってきたプロジェクトから外れた。プロジェクトのフェーズが進み、必要なスキルセットが変わってきたからという見方もできる。2年近く、言葉通り寝食忘れて関わってきた分、とても思い入れがあって我が子を手放すような気持ちで非常に複雑。とはいえ、組織的には新しい進化の為の新陳代謝は非常に重要で、ここを上手く移行しないと恐竜になってしまう。

個人的な計画では、この2年はセールス&マーケティングだけではなく、より事業開発にフォーカスしたかったという想いはあるものの、先進的で難易度も高く注目されるプロジェクトだったので本当に貴重な経験ができたと思う。一方で、自分の力のなさを痛感したのも事実。まぁこのあたりは経験値がモノを言う世界でもあるので、今後どれだけこのあたりの修羅場を経験できるかが大事なんだろう。

プロジェクトから離れて今は少し糸が切れた凧の状態。手を抜いているというのではなく、熱量を落とし込めない状態。今までさんざん燃やしてきたからしょうがない。これから火がつくネタを探す旅に出ようかな。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.