Mediumのすごさの一端は、アプリの出来の良さ。

作成中と、仕上がりの画面が完全に同じ。

しかも、このままPublicationにも投稿可能。この簡便さと手軽さは、はてなブログが、一時期せまった領域を軽く超える感じがある。

そこに今回Publicationが加わったことで、いわゆるグループ化が可能になったのが大きい。

さらに、ここにライターの可視化までついてくる。ついてくるというか、こっちこそ本丸なわけで、ここにMediumを作ったEvanのビジョンが見え隠れする感じがさすがで、一部背筋がぞっとする思いもあるわけです。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.