インドの男尊女卑はいつなくなるのか?


インドにおける女性の地位は極めて低い。

毎年40万人もの女性がレイプ被害を受け、外国人女性観光客も容赦なくレイプ被害にあっていることから、女性にとって最悪な国と評されることも少なくない。実際、私自身インド滞在時、一緒に留学をしていた日本人女性と町を歩くと、インド人男性あからさまにじろじろと友人を見るなど、、、女性が夜道を歩く事はまずできない。

このようなインドでは男尊女卑によってどのようなことが起きているのか?男尊女卑に対して政府や企業はどんなことを行っているのか?

【男尊女卑によって起きている事】

1️⃣レイプ

インドで起きたレイプの話しになると、2012年に起きた事件を忘れてはいけない。婚約の決まっていた男女が映画館帰りにバスの中で暴行された。男性は鉄パイプでめった打ちにされ、女性はレイプをされ、さらには臓器の一つである腸を取り出された。さらに、暴行集団は男女二人の身元特定を恐れ、服や貴重品も全て取りはがし、二人を道ばたに捨てていった。その後、二人は2時間後に病院に送られ、男性は一名を取り留めたが、女性は死亡した。このレイプ事件はインドだけでなく世界を震撼させることになった。。。

2️⃣名誉殺人

名誉殺人とは花嫁が行った非礼に対し、一族の名誉を守るため花嫁家族が花嫁を殺すことである。ある事件では、夫が家の裏で見知らぬ男性と会話をしていた嫁を発見し、親族に報告。その結果、花嫁は家族によって殺され、木に吊るされた。

3️⃣結婚問題

インドでは結婚をする際、花嫁家族が花婿家族に対し持参金としてお金など多くの貢ぎ物を献上する文化がある。その持参金が払えず問題が起き、花嫁が灯油をかけられ燃やされたりする。その反対に、花婿が持参金目当てで結婚し、その後失踪するという結婚詐欺事件も相次いでいる。以下、持参金問題で焼き殺されかけた女性についてのニュースである。「持参金問題で嫁が焼き殺されるインド」
http://jp.wsj.com/articles/SB10777827119304873821304581127623629104968

実際に、私もインド滞在時、インド人女性がいかに多くの規制の中で生きているのか知った。
例えば、肌の露出が少ない格好で外出する、女性だけでお酒を買えない、など多くの規制が存在する。このような男尊女卑に対してインド政府や企業はどんな対策を打っているのか?

以下、少しの事例であるが対策である。

1️⃣女性専用タクシー

タクシーやオートリキシャーのドライバーがレイプを行うことが多い事から、ムンバイやデリーなどの大都市では運転手が女性のみで運営する女性専用タクシーが利用できる。

2️⃣インド政府により2017年から全てのスマートフォンにパニックボタン設置の義務化

女性がレイプなどの被害に陥った際に、すぐ警察に連絡できるよう「5」または「9」を長押しすることで警察に繋がる機能の設置を義務化した。また、GPS機能も搭載される予定。
http://www.gizmodo.jp/2016/04/india_panic_button.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss

このようにインドにおける男尊女卑は未だ厳然と存在し、多くの女性が悲しみ泣いている。一外国人、日本人として女性の地位向上に貢献したい。