AbemaTVみて、ハマちゃった。

サイバーエージェントとテレビ朝日が共同出資で設立したAbemaTVが4月11日から始まりました。

NewsPicksでテレビについて特集をしているなかで、「CAの社長が面白いこと考えるんだなー」程度に思っていたんですが、その企画がついに実現した形です。

CA 藤田社長の全文スピーチはこちら。

AbemaTV本開局でCA藤田晋氏が記者会見 — ログミー : http://logmi.jp/137395

AbemaTV、何が面白いの?

splash.w800

人によって、テレビの面白さ、コンテンツの面白さの感じ方って違うと思うんですけど、ぼくがAbemaTVに感じた面白さはこんなかんじです。(ぼくは主にAbema newsを観ています)

  1. ライブ感がすごい。
  2. ちゃんとテレビらしい。
  3. 視点が斬新。

テレビの感想書くなんて恥ずかしくて仕方ないんですけど、この記事読んでる人がAbemaTVを見始めて、その話題を共有できる友達が増えたらいいなと思って、書いてます(^^)。

「ライブ感がすごい」って?

people-party-dancing-music-large.jpg

これは、本当に観ないとわからないと思うんですよね笑。

普通、テレビって色んなものを隠しますよね。いや、悪い意味ではなくて。「これを放送しよう」「これを移そう」というものがあるから、テレビって写したいもの以外はちゃんと隠して、写したいものに集中するんですよね。

で、色んな物を隠すはずなんですけど、AbemaTVは色々とさらけ出しちゃってます笑。

  • 出演者がスタジオからスタジオへ移動中の会話とか、
  • 放送事故(?)と思われるようなワイドショーコメンテーターのボケとか、
  • キャスターのTV出演にまだ慣れていない(?)間違いとか、
  • スタジオのスタッフの声がマイクに流れてくるとか、
  • 天気予報でMacのSafariからウェザーニューズを見せるあたりとか。

見てて、逆に面白いんですよね。こういうの。
 これまでのテレビ、どれだけめんどいことに力注いでたの、みたいなことも楽しめるし。

しっかりとしたものをつくって、誰にも非難されないものをつくる全国放送にもその良さがあると思うんですけど(そこがつまらない所以かもしれないけど)、これぐらいラフな感じの方が親しみを持てます。

みんな、お上品な人より、ラフな人のほうが好きですもんね。

その他にも、スマホ、SNSがあることを前提に設計されたのか。他にもライブ感覚のあるところがあります。

全国放送のこれまでのTVって、家に帰って屋根のあるところで観るのが前提ですよね。でも、AbemaTVは部屋で「もう今日はこのあとすること何もないや」という人に向けたり、仕事後帰宅途中のおじさんだったり、色々な場所にいる人に向けてつくっています。

色んな人が色んな場所からみていて、Twitterから番組に参加できるあたりとか。「最近、Twitterとかいう新しいメディアが生まれたからテレビに取り入れてみた(実際、あまり使われない)」とは違って、番組内容にSNSありきの要素をもっと取り入れてもらえたら面白くなるかな、って思いました。

その他、できたばかりのメディアで関係者が「自分たちでつくっている」という感覚が強いのか、細かいところでこれまでテレビで観たことのないような問答や会話が観られるのもAbemaTVの特徴かなと思います。

録画のない24時間テレビみたいです。

ちゃんとテレビらしい

children-403582_960_720

AbemaTVはCAだけじゃなくて、テレビ朝日が関わっています。実際、「スタッフ テレビ朝日」と番組の詳細に書かれています。

YouTubeとAbemaTVが違うのは、

YouTubeは、チャンネル制作側がアマチュアなので、画角とか、表現とかはテレビには勝てないと思います。でも、コンテンツは面白い。AbemaTVはコンテンツは成長段階とはいえ、ちゃんとテレビらしい。(これも観ないとわからないでしょう)

このあと、AbemaTVからトリビアの泉とか、伝説的な番組が生まれることを期待しています。

視点が斬新

AbemaTVはこれまで全国放送のテレビが苦手だったことをやろうとしているのかな、と思います。

  • テレビが苦手なSNSとの連携。

普通、テレビの前でスマホいじってまで参加しようとは思わないよ。スマホ、PCから視聴できると連携もしやすいですよね。

  • 自社以外のコンテンツとの連携。

テレビは新聞社とつながりがあることが多いので、ネットメディアと連携することが少ないですよね。あと、制作者の年齢的にネットメディアに疎いとかもあるのかもしれません。・・・憶測です。

例えば、ぼくがみたAbema newsという番組では、こんな番組詳細になっています。

【コメンテーター】古田大輔(BuzzFeed Japan創刊編集長)

・・・ココらへんの人事、めっちゃツボでした笑

AbemaPrime

テレビよりもスマホに親しみを感じる「デジタル・ネイティブ世代」が本当に知りたいことをド正面から伝えていく尖った企画満載のニュース番組
4月13日(水)20:00 ~ 21:50

番組概要

スタジオも取材スタイルも出演者も新しいこと尽くし!月曜から金曜の夜 8 時から六本木のテレビ朝日本社1F に新設されるオープンスタジオより毎日生放送でお送りします!取材スタイルも斬新そのもの!カメラを使わずに、スマートフォンで全ての取材や中継を行うという、画期的な番組づくりに挑戦します!番組MCには、人気お笑い芸人から、女優、デジタル・ネイティブ世代を代表する起業家、いま注目を集める敏腕メディア編集長まで、豪華でバラエティ豊かなメンバーがラインナップされています。このMC陣に加え、様々な分野で活躍する個性あふれるコメンテーターやレポーターが登場します

キャスト

【MC】宮澤エマ(タレント) 【コメンテーター】古田大輔(BuzzFeed Japan創刊編集長) 【アシスタント】池田光咲(タレント) 【ゲスト】杉森茜(女優) 藤本敏文(戦場旅行者) 【エージェントガールズ】奥田綾乃(サイバーエージェント) 【レポーター】高田良弥(タレント・イケキャス.) REINA(お笑い芸人) 【気象予報士・防災士】穂川果音 【キャスター】小松靖(テレビ朝日アナウンサー)

スタッフ

テレビ朝日

他にも視聴者から寄せられた映像で天気予報をしたり、桜情報を紹介するあたり、8bitnewsっぽいなーと思ったりとか。

まだまだこの先が楽しみです。

AbemaTVは「観る人の観たいもの」を再優先しています。とくにミレニアム世代の。だから、ぼくはすごい面白いと思っちゃってるのかもしれないですね。

ミレニアム世代って、デフォルトメディアがスマホだからその話題にあうようにつくっているんですかね。そうなると、これから他のメディアとも連携していくのかなって一人勝手に楽しみになっています。

8bitnewsの番組とかできてくれないかなーって本当に思ったり。
 ネットメディアが自社で番組をつくる時代がいずれ来るかもですね。

AbemaTVはこんな人の記事が面白いので参考です。

AbemaTVがすごすぎてテレビ完全に不要。 — Ikehaya Media Lab — Medium
AbemaTVは当たるのか — Visual Feed — Medium

ただ、こんなに動画みてると通信制限にすぐひっかかるだろうから、そこら辺のユーザーの負担もビジネス的に攻めて欲しいな、とCAに思ったり(CAがWi-Fiスポットをまちなかに整備するとか、モバイルルーターの販売するとか)。

では、また後日に。


Originally published at UMINOTE.

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 間瀬 海太’s story.