Macでよく使うWebサイトをネイティブアプリ化する方法を見つけた。

最近、「このアプリよく使うなー。ネイティブアプリで使えたら便利だなー」と思うものがよくあります。

ネイティブアプリっていうのは、MacのDockに並ぶアプリ達のこと。

こういうの。

「Command + tab」でアプリをよく切り替える自分としては、ブラウザからしかアクセスできないWebサービスは使う時に煩わしさを感じていました。

いちいち、Chromeにアプリを切り替えて、その中で「Command + option + 左右キー」で見たいサイトに辿り着く。不便でした・・・。

かといって、使いたいWebサービスのMacアプリがあるかっていうと、あるわけでもなく。あっても得たいの知れないアプリ、かつ有料。

“Messenger”で検索した時・・・。

でも、今ボクのMacにはMessengerがDockに並んでるんです。

こういう風に。

他にも、Medium、Asana、GoogleCalendar、Inbox、Instaganttをつくりました。

この方法を紹介しているのがこちらのブログ。もの凄く役立ってます。Macで同じような悩みを持っている人がいたら、ぜひ使ってみて下さい。

こうやっても、使ってるアプリのアイコンが出る。今までは、これが全部Chromeだった。

今日はそんな便利方法の紹介でした。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.