プログラマー版、倒産する会社の見分け方

まずは一般的な倒産直前の会社の見分け方。

1.IR資料の貸借対照表で借金が多い

だいたい80%を超えると危険水準

2.IR資料の損益計算書で赤字が続いている

会社の利益を見て赤字続きは危険な徴候

3.IR資料の営業キャッシュフローで赤字が続いている

本業の数値を見るには営業キャッシュフローです

4.営業に関する会議が多くなる

会議が多くなってきたら危険のサインが出始めます

5.社債を発行する

社員向けに私募債を発行することもあります

6.エリート人材や管理部門が辞めていく

エリート人材や、経理など数字を管理している人から辞めていきます

7.社長に連絡がなかなか繋がらなくなる

金策に回るため、連絡がつかなくなることが多いです

8.行き過ぎた経費削減

無駄な経費削減プロジェクトは危険な兆候

9.給与の遅配が始まる

給料の遅配が始まったらいよいよです

次にプログラマー版、倒産する会社の見分け方。

1.テストコードが書かれていないコードが多い

だいたい80%を超えると危険水準

2.コミットの頻度が落ちてきている

コミットの低下は危険な徴候

3.意味のないコミットが続いている

本業の数値を見るにはソースコードです

4.進捗に関する会議が多くなる

会議が多くなってきたら危険のサインが出始めます

5.残業が発生する

休日出勤することもあります

6.エリート人材やプロジェクトマネージャーが辞めていく

エリート人材や、スケジュールを管理している人から辞めていきます

7.プロマネに連絡がなかなか繋がらなくなる

納期の遅れの連絡に回るため、連絡がつかなくなることが多いです

8.行き過ぎた連続勤務

無駄な連続勤務は危険な兆候

9.プログラマーの病欠が始まる

プログラマーの病欠が始まったらいよいよです

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.