エモーションフリー効果

4ケ月前のこと。

ある講座に参加しました。

そこには、インターネットの中で知っていた方々が参加していました。

名前は、知っていたものの。

お会いするのは、初めて。

部屋に入るなり、緊張しました。

多分、年収が凄い人達。

多分、ビジネスで成功している人達。

多分、英語が凄い人達。

多分、とにかく、凄い人達。

そして私以外は、以前からの知り合い。

私は、もともと、人見知りでもあったし。

私だけ、仲間に入れない。

入れるわけがないと思っていた。

参加しただけで、満足だった。

一言もしゃべれず、とにかく時間が過ぎて欲しかった。

そして、逃げるように帰った記憶がある。

自分だけが、なにも出来ていなくて、自分だけが別世界にいて、自分だけがダメだと思った。

そして。

なんだか、お金を儲けるために講座を受けた気がした。

お金を儲けるために、行動しないといけない気がした。

やりたくなかった。

そんな、愚痴をポロリと吐くと。

「それは松田さんが、お金にフォーカスしているんですよ」

との助言。

あっ‼︎そうだった‼︎

私が勝手に、そう決めていたんだ。

話もしたこたない人達を、勝手に凄い人達だと決めつけて。

勝手に評価をしていた。

めちゃくちゃ、グサリと胸にささって、とてもとても恥ずかしかった。図星なことほど、グサリとくる。

「エモーションフリーもってるでしょ?」

そうそう。

エモーションフリー。

エモーションフリー。

自分の見え方を変える。

フレーズは覚えていないけど。

ガンガン使いまくった。

その後、

私が勝手に凄い人達と呼んでいた方々に、お会いする機会があった。

まるで違う。

普通に、お話出来るし。

凄い人達ではなく、とても普通に素敵な人達だった。

話をしているだけで、楽しい。

なにも変わらない。

むしろ私に

「変わったね」と言われた。

その人達の世界観を聞いているだけで面白かった。

むしろ、みんなとても人間味のある可愛い人達とさえ思う。

私の言う凄い人達に会うのが怖くなくなって、楽しみになってきた。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Matsuda Matsuko’s story.