子供の潔癖症が治る⁉︎

私には、12歳の子供がいます。

男の子です。

彼は、なぜか?

人が一度口をつけたものには、手を出しません。

もう慣れましたが、いちいち面倒ではありました。

外で喉が渇いた時、私が口をつけたペットボトルは、嫌がります。

そのため彼だけのために、ペットボトルが必要になります。

スプーンやお箸なども、私が口をつけたものは、絶対使いません。

母親が使ったものすら、嫌がるのですから、家族はもちろん、お友達が口をつけたものも、嫌がります。

これを潔癖症と呼ぶのかは、わかりません。

生活に支障をきたすわけではありませんから、気にもしていませんでした。

ある時、私は自分の仕事で悩んでいたとき。

とあるランチ会の申し込みをしました。

それは、エモーションフリーというセラピーの先生のランチ会です。

私が何を話したのか?

よく覚えていませんが。

とにかく仕事の悩みでした。

そしてエモーションフリーセラピーを二つほどしてくれました。

自分のこと。

主人に対すること。

ふたつ。

「家に帰ったら、ご主人に変化があるかもよ」

なんて言われましたが。

なにも、変わらず……。

すると。

あれっ⁉︎

12歳の息子がっっっ‼︎

私のペットボトルの飲みかけを、飲んでる‼︎

はぁ?

あんなにずっとかたくなに、何年も嫌がっていたのに。

不思議。

今では、私に甘えてくるときは、「チューして」とまで、言うようになりました。

以前では、あり得ません。

私からのチューが、罰ゲームみたいな扱いで、本気で嫌がっていたのに。

息子が、潔癖症だったのか?

私のせいだったのか?

そこは、どうでもいいんです。

ただ、セラピーをしてもらったのは、私のこと。夫婦のこと。

その影響が、子供にも現れる。

ということ。

実体験で、経験してしまうと。

子育ての価値観が、ガラリと変わりますし。

考えも変わります。

子供との対話も、変わります。

夫婦の在り方も、変わります。

それによって。

我が家の、家族団欒が増えたのは間違いない。

本当に、大事なものが。

実感できてきますね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.