Twitter4brands

久々の雨が降った東京。

今日はTwitter Japan主催のカンファレンスに夕方から参加しました。

Twitterは2006年の3月に始まり、2011年に日本オフィスを開設。

ちょうど10年のanniversaryを迎えた。

余談ですが私は2006年に大学に入学しました。

18歳のとって、28歳までの10年がすこぶる濃密で、成長する10年であり、きっと後の人生に大きな影響を与えるように、

Twitterがこの世に現れた10年は、その後の世界にとてつもない衝撃と可能性をもたらしたと思う。

ちなみに前職@楽天で自社媒体の販売しかしたことのなかった私が、

現職に転職して初めてリードして買った広告が、

Twitterのプロモトレンドです。


本日のイベントは、一言でいうと、

脱つぶやき

ツイートはもはや小さな声のつぶやきではない、大きな声になるカンバセーションなんだ。

日々マーケティング、広告宣伝活動に活用させてもらい、

肌で感じることができます。

聞き上手は話し上手

と、ストラテジープランニングのニックさんもおっしゃった通り、

一方通行の発信ではなく、会話から全ては生まれる。

消費者が、ユーザーが、モノやトレンドを作っていく。

話題数だけでなく、何が会話されてるのか、彼らはアンバサダーなのか批判者なのか。

ちゃーんと耳を傾けて、会話型マーケティングを目指したい。

と感じました。

ところで、Twitter のカンファレンスの懇親会のご飯はいつもオシャレでとても美味しいです。

万年ダイエッターなのに、ついついスイーツまで食べてしまいます。

上の写真はオリジナルカップケーキです。

さすがセンスが光ってます。

そんなTwitter Japan さんと、

これからも日本初の成功事例をたくさん作れたら嬉しいです。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.