Image for post
Image for post
ハワイ真弓のパイプラインに描いている真弓 「Hawaii、2004年」

東京から大西洋波まで

Image for post
Image for post
真弓と母

坪倉真弓は1952年、東京に生まれ、子供の頃から武士道を基づく教育を受けた。六歳の時から剣道、柔道、居合道、空手などが勉強し始めた。その上、絵画と日本文学に紹介された。

父の小村上元三「説家と歌舞伎演出家」から伝統的に育てられた。

三島由紀夫に尊敬され、村上元三は歴史小説家として戦後時代有名になった。

Image for post
Image for post
村上元三「1955年頃」

少年の時、真弓は柔道と空手の黒帯になり、剣道の一段になり、一番気に入るのは空手だった。極真会館館長の大山倍達の弟子入りした。

その頃、赤阪の花街にあるナイトクラブに働き、Frank Sinatra、James Brown、Tina Turnerと出会い、西洋文化に紹介された。

その時、日本から出たいという気持ちが出てきました。

17歳の時、下田市砂浜の漁師の息子のボードを借りて初めてサーフィンをやってみた瞬間、真弓怨運命が変わった。二年間後、世界一番有名な波でサーフィンをするためハワイアン州へ旅行した。

Image for post
Image for post
下田市、日本

ハワイの波の経験

海の強さに謙虚になり、空手の考え方を変え、東京のにぎやかさの遠くから新しい生活を始めるように、真弓はハワイから出た。

Image for post
Image for post
結婚写真、「1972年」

「Surf Art」「サーフ.アート」のパイオニア

Image for post
Image for post

日本に帰り、東京に美術を勉強した。二十一歳になり、パリに引越し、フランス国立高等美術学校のエコル.デ.ボザールで勉強し始めた。その後、ブァンドーム広場にある有名人宝石商ブランドのためデザイナーになった。フランス人の中に溶け込んで、様々な有名人と会った。父親になり、ヨーロッパの国々で旅行した。

八十年代にタヒチへ旅行した。ハワイのサーフィンの経験のことを尋ねられた。

未来のチャンピオンアルセーヌ.ハレオエとベテア.ダビッドのためハワイとタヒチの波の違いを表象する絵を書き始めた。

真弓の絵の転換期だった。パリに帰ったらあとも、今でも波を描くことが続いた。

日本画根源に戻とともに、サーフィンとの経験が子供のころから絵をかいていた真弓のアートを変えた。

Image for post
Image for post

エコル.デ.ボザールで身についた西洋技術を使い、真弓の絵がサーフィンに熱狂した。海とポリネシア生活から教えていただいたことがカンバスで伝い始めた。素晴らしい島の自然と人々への尊敬を伝えた。

Image for post
Image for post

サーファの友人の真弓

Image for post
Image for post
Rochelle Ballard「ロシェル.バラー」、Layne Beachley 「レイン.ビチュリ」と真弓、「Anglet、2000年」

真弓とサーファとの関係がそれ以上深くなった。格闘技から身についた技術を使いプロフェッショナルサーファに指圧をし始めた。空手の練習後に使った技術がプロフェッショナル.サーファの痛みと疲労を和らげた。

Image for post
Image for post
Kelly Slater「ケリー.スレーター」と真弓「Biarritz , 1994年」

フランスの夏からハワイの冬まで真弓がKelly Slater「ケリー.セレーター」や、Laird Hamilton「レード.ハミルトン」や、Miki Dora「ミキ.ドラ」や、Layne Beachley「ライン.ビーチレ」や、Rell Sunn「レ―ル.サン」などのサーフィンの有名人全員を援助した。いくつかのサーファのため心の許すともや親的存在になった。サーフィンのエリート互いの尊敬と友情の絆のおかげで特別な映画プロジェクトの推進者になった。

真弓と「Riding Giants」

その上、フランス、ハワイとタヒチのサーファへの尊敬が深くなった。空手家の真弓は肉体的力およびと精神的力を要求している「Big Wave Riding」「ビッグ.ウエィーブ.ライティング」が真弓に強い印象が与えた。

Image for post
Image for post
Laird Hamilton 「レード.ハミルトン」と真弓、Saint-Germain-en-Laye, 「1994年」

サーフィン・コンテストと「Baywatch」というドラマがサーファの生活が正しく代表しなかった。90年頃に、サーファが派手と浅薄なイメージを与えた。真弓がそれに心配になり、世界にサーフィンの大切さを紹介したくなった。

真弓がサーファが生命を賭ける理由とサーフィンが何かというとはっきりと説明するつもりだった。

パリのエンターテインメント.プロデューサーのFranck Marty「フランク.マーケティ―」が真弓とサーファの関係に興味になった。2000年に「ビッグ.ウエィーブ.ライティング」の歴史を紹介する映画を撮る計画について真弓を連絡した。

Image for post
Image for post
Darrick Doerner「ダリック.ドァーナ」とGerry Lopez「ジェリー.ロペス」と真弓
Image for post
Image for post
アロハ 真弓.治せる手と教えてくれたこと感謝してる。

真弓がその野心的な記録映画プロジェクトについてDarrick Doerner「ダリック.ドァーナ」とGerry Lopez「ジェリー.ロペス」を連絡した。初めてサーフィン人物をインタビューして「ビッグ.ウエィーブ.ライティング」の歴史にマークを残し、世界中にサーフィンをしたする目的があった。

四年後フランステレビチャネルとSony Pictures の政策の「Riding Giants」「ライティング.ジャイアンツ」2004年「Sundance Film Festival」「サンダンス映画祭」に紹介された。批評家と観客者の熱狂に迎えた。

Image for post
Image for post

Roger Ebert「ロジャー.エバート」が書いた

「 ライティング.ジャイアンツを見る前、僕はギGidget「ジェット」、Endless Summer「エンドレス.サマー」、The Beach Boys「ザ.ビーチ.ボーイズ」、Elvis「エルビス」とテレビ.コマーシャルから伝えたサーフィンのイメージがあった。ライティング.ジャイアンツが完全に違った事実を描いた。サーファのことについて驚いたのはそれほどに取りつかれているのだ。ライドするため生きてゆく、波のない日に打ち込んでくる。激しい波の上に平衡を保って、手に負えないハーモニーを感じるため生きてる。」

「ライティング.ジャイアンツ」がカルトフォローを集まって、サーフィンに対する重要な映画と思われている。クロジングクレジットで真弓が一番目に感謝している。

現在

Image for post
Image for post

30年間前からサーフ・アーティストに知られている真弓は、「サーフィン」と呼ばれている自然と人類の結びが世界中と感謝している。

リーフの美しさと大西洋のラグーンと島の光に敬意を示すため、出会い、旅、パリの生活にも今でも絵を書き続けている。冷たいパリの冬の中でも描き続けた。

Image for post
Image for post

90年頃から現在まで「Surfrider Foundation 」「サーフライダー.ファウンデーション」とかかわるエベレストに参加し環境問題に認識を高める。

友人にアート.コレクターは、Gerry Lopez、 Laird Hamilton、Rabbit Keikai、 Darrick Doerner、プロ・サーファKelly Slater、Gary Elkerton、Mark Occhilupo、Sunny Garcia、Cory Lopez、Shea Lopez、Rob Machado、Rochelle Ballard、Jamie O’Brien、Jérémy Florès、そしてFrancis Ford Copolla、Carla Bruni、Bruce Willis、Sylvie Vartan、Mstislav Rostropovichが含まれている。

アート

Image for post
Image for post

自然の予想と海の強さに対して謙虚の気持ちを伝えるように波の絵を描く。真弓にとっては、えんすいだけじゃなく、地球の生命源だ。はなかくても、サーファの記憶に刻んでることになれる。強さ、光、暗さ、速度、温度、風にかかわり、核に波がユニークになり出会いということになる。

サーファの目で各のサーフィン.スポットの波の形が人の顔のように認識できる。サーファとして真弓が波の肖像画を描きたい。トロピカル波か、砂浜の波か、大西洋の激しい波か、真弓は記憶からも、夢からも、聞いた話からの霊感を与える。サーファのように、完全な波、それとも完全の砂とラグーンを想像している。サーファを描かなくても、サーファの夢を描く。

Image for post
Image for post

真弓から見ればサーフィンは生命の元の上で、健康の一番良い運動と思い、芸術的使者になりたい。サーフィンの生活が自然と接続というメッセージを伝える絵を描きたい。

Image for post
Image for post

エベントと展覧会

1986–1991 : Uhaïnaの 「Nuits de la Glisse」「ライジング.」に参加する。

Image for post
Image for post

2001 : ASPコンテストと「Biarritz Surf Festival」「ビアリッツ.サーフ.フェスティバル」の機械に展覧会を開く。

Image for post
Image for post
真弓とRob Machado「ロブ.マチャド」

1999 : Biarritz の「Musée de la Mer」「ミュージェ.ド.ラ.メール」に展覧会を開く。

Image for post
Image for post
Derek Ho「デレク.ホ」と真弓「真弓」

2001 : タヒチの「Assemblée de la Polynésie Française」「ポリネシア国民議会」に展覧会を開く。

Image for post
Image for post
Andy Irons 「アンジー.アイロンス」と真弓

1999–2004 : 「Riding Giants」「ライティング.ジャイアンツ」映画計画に参加する

2010 : Omnimax 3D Kelly Slater Ultimate Wave Tahiti 映画の機械にパリの「La Géode」「ラ.ジェオーデゥ」映画間に展覧会を開く。

Image for post
Image for post
Lisa Andersen 「リサ.アンダーセン」と真弓

2005-現在 : パリの「Délégation de la Polynésie Française 」「ポリネシア代表団」に展覧会を開く。

Image for post
Image for post
Image for post
Image for post

More about Mayumi:

Contact & sales
Facebook
mail: info@mayumi.fr

E-shop
Prints: Society6

Portfolio: Cargo

Website
Press Kit
Tumblr

Image for post
Image for post
Tom Carroll, Mayumi, Kelly Slater, 2009

Written by

Japanese artist living in Biarritz, France.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store