iUSD ステーブルコイン・ベータ版をローンチ — TUSD\USDCをサポート

MEET IOST
MEET IOST
May 13 · 10 min read

IOSTは、TUSDとUSDCのステーブルコイン・スワップソリューションであるiUSDステーブルコイン・ベータを発表致します。このソリューションは、IOSTのServiノードの1つであるRate3によって開発され、ERC-20の流動性と資産の安定性をIOSTエコシステムにもたらします。

iUSDステーブルコインは、IOSTユーザーがUSDC、TUSD、そして将来的,他のERC-20ステーブルコインの高い流動性にアクセスできるようにするトークンスワップソリューションです。またユーザーがIOSTネットワークと他のブロックチェーンネットワークの間でシームレスかつ確実に価値を移すことを可能にし、多くの非ERC-20安定コインで見られる流動性の問題を排除しました。

iUSDベータ版のローンチでは、次の点に注意してください:

IOST iStablecoinをサポートするおよび交換チャネルは、徐々に追加されます。

iUSD開発チームがユーザーからのフィードバックに基づいて改良する中で、マイナーなユーザーエクスペリエンスの変更があります。

このベータ版の試用期間中は、ユーザーアダプションとフィードバックを促すために、すべてのスワップ手数料が免除されます。

このベータ版の期間中、クロスチェーンスワップはすべて24時間毎に月曜日から金曜日までのUTC 04:00に処理されて、通知されるまで続きます。引き出し機能にBitmexの「セキュリティ優先」のアプローチを採用しました。

iUSDを体験してください!

iUSDのパイオニアユーザーの一人になりませんか?以下のステップから体験できます! (iTUSDとiUSDCを直接購入するための交換サポートも近日中に開始される予定です。)

iUSDステーブルコイン交換のために必要なもの:

  • IOSTメインネットアカウント
  • iWallet(iUSDを受け取るため)
  • Metamask(TUSDまたはUSDC、あるいはその両方を送信するため)

・・・

iUSDステーブルコインスワップのチュートリアル

ステップ1:無料のIOSTアカウントを取得する

IOSTアカウントを作成する方法はいくつかあります。デスクトップでWebベースのWalletを作成する場合は、IOSTノードであるIOSTABC Block Explorerで無料のIOSTアカウントを作成できます。

作成した自分のアカウント名を忘れないようにしてください。作成できるアカウント名の例は、carribean、annabelle、teslaなどです。上の青いボックス内に生成された秘密鍵に注意してください。自分のアカウントを他のWalletにインポートするために必要になります。

ステップ2:デスクトップにiWalletをインストールする

IOSTアカウントの作成ができたら、他のIOST Dappと簡単に統合できるように、iWallet、ブラウザ拡張ベースのWalletをインストールする必要があります(MetaMaskと同機能)。

次の手順で、既存のIOST秘密鍵をインポートする前に、Chrome用の IOST iWallet extension for Chromeをインストールできます。

  • iWallletエクステンションをクリックします
  1. 「アカウントのインポート」をクリックする前に、IOSTウォレットにログインするためのパスワードを設定してください。
  2. IOSTアカウントをiWalletにインポートするために秘密鍵の情報を入力してください。

ステップ3:iStablecoinウェブアプリケーションにアクセス

  • ウェブサイトにアクセス:https://istablecoin.io/
  • MetamaskおよびiWalletブラウザ拡張ウォレットをiStablecoin ウェブアプリケーションに接続します。
  • この段階で、MetaMaskおよびiWalletブラウザ拡張ウォレットがインストールされ、ログインしていることを確認してください。そうでない場合は、そうするように表示されます。
  • ユーザーがホームページに入ると、MetaMaskにログインするように表示されます。
  • ウェブサイトにアクセス後、画面が表示されたら「Connect」をクリックしてください。
  • 上の画像が表示されたら"Connect"をクリックします
  • Webページ上部のEthereumおよびIOSTアカウントの詳細が本当にご自身であることを確認し、確認してください。

ステップ4:iUSDステーブルコインスワップを行う

  • 「Swap Token」をクリックすると、以下のインターフェースが表示され、安定したコインをEthereumとIOSTの間で交換できます。
  • このスワップインターフェースページにアクセスするための「スワップトークン」
  • 先に進む前に、接続しているMetaMaskアカウントに十分なTUSD(またはUSDC)の残高があることを確認して、スワップを実行してください。これは、次の2つの方法で確認できます。

a. iStablecoinウェブアプリケーションを通じて

このスクリーンショットでは、ユーザーは現在50 TUSD(ERC-20 stablecoin)を交換することができます。

b. Metamaskを通じて

MetaMask内で残高を表示するために、TUSDとUSDCを「Custom Tokenることもできます。

TUSDとUSDCにそれぞれ入力する必要がある「Token Contract Address」の詳細は以下のとおりです。

TUSD: 0x0000000000085d4780B73119b644AE5ecd22b376

USDC: 0xA0b86991c6218b36c1d19D4a2e9Eb0cE3606eB48

十分なTUSDがあれば、スワップのパラメータをインタフェースに入力できます。

  • 双方向矢印をクリックして、作成したいスワップの方向を選択します。
  • ドロップダウン矢印をクリックして、スワップを実行したいステーブルコインを選択します。
  • IOSTに交換したいERC20 ステーブルコインの金額を入力し、「次へ」をクリックしてください。

ステップ5:スワップ取引に署名する

これで、Metamask³によって促される2つのトランザクションに署名する必要があります。この段階で、一部のユーザーは旧バージョンのMetaMaskからの共通の「 “nonce too low” error 」になる可能性があります — トラブルシューティングの指示については脚注を参照してください。

最初のトランザクション署名は、SwapContract()スマートコントラクトにTUSDのステーブルコイントークンのトランザクションを容易にするための許可「Allowance Permission」です。この場合、ユーザーは自分から最大50 TUSDを取得するためのスマート契約の許可を与えています。

その後、2番目のMetaMaskプロンプトが表示されます。この2番目のトランザクション署名は、下のスクリーンショットに示すように、SwapContract()スマートコントラクトが最終的に50 TUSDをユーザーからSwapContract()スマートコントラクトに転送できるようにします。

上記が完了したら、それはスワップトランザクションの「Ethereum leg」の完了を意味します。

ユーザーはそれからEtherscanのトランザクションの詳細を見るために「View Swap Status」をクリックできます。

スワップ取引に関するEtherscanの詳細を表示するには、[View Swap Status]をクリックします。

ステップ6:ITUSD iStablecoinを使い始めましょう!

以上です!すべて問題なければ、スワップリクエストは承認されます。IOST財布の中にTUSDトークンを受け取ります、そしてIOSTABCブロックエクスプローラの上でトランザクションを見ることができるでしょう:

50 ITUSD tokens minted(a.k.a. @terrence_iost)

IOSTABC | IOSTブロックチェーンエクスプローラ


iStablecoinはどこで使用できますか?

購入やDapp取引のために他のユーザーとの安定した交換媒体で取引するためにIOSTの低料金と高スループットのブロックチェーンを始めることができます!

iStablecoin(ITUSD、IUSDCなど)は、次のIOSTエコシステムパートナーのウォレットやDappを通して利用がサポートされています。

ウォレット

Huobi Wallet, Trust Wallet, Cobo Wallet, Secrypto, TokenPocket, Monarch Wallet, Magnum Wallet など。

Game Dapps

iStablecoinとCryptoNinja、Liar Game、Snake、RealmX、Endless GameなどのIOST Dappsとの将来の統合予定です。


IOST公式記事(英語):iUSD Stablecoin Beta Now Launched〜

MEET IOST

Written by

MEET IOST

IOST プラットフォーム開発者コミュニティ。MEET IOSTコミュニティでネットワークノードを管理、エコシステムから生まれる 報酬をコミュニティ活動とDAppプロジェクトのスタートトリガーとして活用する。

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade