スワンジー戦備忘録

入りがあまり良くなかったこの試合で、恐らくウォーカーの怪我の手当をしている内に修正して、試合をコントロールできるようになったという印象を受けた。特に三列目の中盤へのコース消しを交わす意味もあって、よりサイド起点の攻撃が出来たのが勝因であるように思う。

まず前半というかデンベレとワニャマのコンビの悪い例。ワニャマは守備力に長けたバランサーではあるが展開力に乏しい。一方デンベレは独特なリズムと強靭な肉体を誇るが、駄目な時はカルテイロになりやすい。デンベレやワニャマを評価していないというわけではなく、あまり相互補完が見られない。

上記動画は特に気になった部分と、逆にデンベレだから出来る部分であるが、前半の一番目の動画のように、まずドリブルを試みて囲まれるというのはかなり気になる。スワンズが奪い切るだけの力がなかったということにもなるだろうが、彼処で奪われると即ターンオーバーとなってしまう。チェルシー戦の逆転弾は奪い切った位置でのミスの多さに起因していた。元来のプランではサイドを使うつもりだったとは思うのだが、恐らく修正して最終ラインにはより中盤を飛ばして二列目やサイドバックを使うボールを蹴っていた。

この試合で特徴的だったのは二点ある。一つはサイドバックの攻撃参加であるが、いつもよりより起点や鍵となる動きをしていたこと。特にローズは攻撃センスを活かして前線を活性化させていた。

特に二番目の例ではローズのランニングが如何にソンをフリーにさせるものであったかがよく分かる。ローズ本人が気づいているか否かは謎であるが。

次に選手感バランスと最前線のワンタッチが多く見られることが特徴的な点の二点目であろうか。(三点目に最終ラインからのフィードもあるがそこまで編集するのが面倒だったので今回はソンのゴールシーンだけで諦めた)

ソンは主に左に張っていたが、再度試合を見てみると、一方が中に入れば一方は開くことで相手DFを狭くさせない、且つ選手の密集状態にならないようにしていたようだ。

個人の評価をするならば、改めて見るとこの試合のエリクセンは素晴らしかった。最初は両サイドバックに目がいきがちだったが、要所でのパスやボールを繋ごうとする献身性は高く評価されるものだろう。

最後にシソコについてだが、良いランニングが一本あったとはいえ、ソンのように単騎で仕掛けられるほどでもなく、エリクセンのように細かなプレーができるわけでもないので使い方が難しい選手だと改めて思った。中でフリックしたり、密集地帯で触らせないという姿がまだ浮かばない。ただタイプの違うプレーヤーなのでその部分が嵌まれば面白いオプション、交代カードなのかもしれない。

Like what you read? Give マーシー a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.