前に書いた記事で 良いことにしても悪いことにしても、相手の感情を揺さぶったことは事実。揺さぶりは運動、それはエネルギー。自分が発したものが誰かに受診されたことでエネルギーを生み出したことになる。 なんて自分で書いて、それがハイライトされてヒャッホーイ!なんて思ってた。 でもよく考えてみたら書かれた記事・文章・言葉自体は単なる文字でしかなく、それらを発信したからといってエネルギーを生み出すかといえばそうじゃないんじゃないかと思った。 もちろん発信したからこそ誰かの目にとまるのだろうけど、目にとまったからといってそれが正または負のエネルギーになるかどうかはそれを受け取った人次第なんだなと。 僕自身、いろんな人のSNSやブログなどを見ていて「面白いな!」と思ったり「なんだこれは!ひどいこと書いてやがる!」なんて思うこともあるけど、それらは文字という情報を自分というフィルターに通した時に出てきた感情。だから実際にはもっとたくさん読んでいても何も引っかからない場合もあれば、自分のところにすら届いていない情報もある。

山中 督 Tadashi Yamanaka

山中 督 Tadashi Yamanaka

http://8079tdc.hatenablog.com/ 最近の趣味はライフログとブログ。手帳やノートなどのアナログも好き。ロシア車UAZに乗りながら「キャンプしたいなー」と思いを馳せつつ基本はインドアでMac触ってるのが好き。