regretlog

あぁすればよかった。こう言えばよかった。

済んでしまったことに対して悔いることがとても多い性分です。

それと同時に、自分が他人からどう見られているか、気になることも多々あります。

どう見られているか気になるから、いろんな場面でカッコつけるきらいがあり、カッコつけたことで窮屈になってしまうこともまた、悔いる、の繰り返し。

対して、生きることを楽しんでいる人たちは、自分に向かって素直な人が多いと思います。

私のように、些細なことを気にして悔やみ、カッコつけては、また悔やむ、という生き方は、自分にとって楽ではありません。

私が日々悔やむようなことが、どれほど些細で、悔やんでも報われる望みのないもので、

私が日々どんなカッコを気にして生きているのか、

書き起こしてみたいと思います。

これは、自分に向かって少しでも素直になるための第一段階として使いたい記録です。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Mizuka Saito’s story.