力をぬいて

ときどき、施設にハンドマッサージのボランティアに行ってます。
顔見知りになった方は、にこにことすっと手を出してリラックスして気持ちよさそう。
慣れてない方は、ちょっと緊張されて、手にも力が入っています。
「楽にしてください」と声をかけても
手に力が、、、、

何とかリラックスしてもらわなくてはと
なんども、なんども「楽にしてください」と声をかけてみました。
かければ、かけるほど緊張して固くなったままでした。
ふと、北風と太陽のお話を、思いだしました。

力ずくで何とかしようとすると、その力に負けまいと力が入り、

あるがままの心地よさに包まれるとゆっくりリラックスしていく。

そうだ、私は何のためにボランティアをはじめたんだっけ。

ただ、心地よさを味わってもらいたかったはず。

何とかリラックスしてもらわなくては、でなく、気持ちよさを味わってもらえばいいんだと思って、マッサージしました。

するといつの間にか力が抜け、「気持ちいいわね」と笑顔に
私も思わず笑顔に優しい時間が流れました。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.