Alexaスキル申請手順

先日、おやつをオススメしてくれるスキル、「おやつ何かな」をリリースいたしました🎉

スキルの申請手順をまとめておきたいと思います。

(おやつ何かなの開発方法の記事はこちら)

スキルの公開には審査があります。審査の主なポイントは以下の通りです。

ポリシーガイドラインセキュリティ要件を満たしている
スキルの機能テストをクリアしている
音声インターフェースとユーザーエクスペリエンスのテストをクリアしている

スキルを申請する前に、一度上記のガイドラインに目を通しておく良いかと思います。

また、呼び出し名にも2つ以上の名詞を使わないといけない、人名や場所の名前は使えない等、いくつかのルールがあります。こちらに呼び出し名の要件がありますので、合わせて申請前に目を通しておくと良いでしょう。


スキルの申請は、Alexa Skill Kit開発者コンソールの公開タブから行います。

Publish Skill

必要な入力事項と入力例は以下の通りです。

・公開名(スキル名)
おやつ何かな

・説明(160文字)
オススメのおやつを紹介するスキルです。小腹が空いた時や仕事の合間などおやつが食べたくなったら「おやつ何かな」にオススメのおやつを聞いてみてください。

・詳細な説明(4,000文字)
●スキルの使い方
「アレクサ、おやつ何かなを開いて、オススメのおやつを教えて」
と話しかけると、その時間にあったオススメのおやつを紹介します。

・サンプルフレーズ
アレクサ、おやつ何かなを開いて、オススメのおやつを教えて

・小さなスキルアイコン(108×108ピクセル)
・大きなスキルアイコン(512×512ピクセル)

・カテゴリー
Food & Drink — Cooking & Recipes

以下の項目は任意で入力します。

・キーワード
おやつ, オススメ

・プライバシーポリシーのURL
・利用規約のURL

サンプルフレーズはユーザーがスキルが呼び出す際に使うフレーズですので、ここで登録したサンプルフレーズでスキルが起動できない場合は申請に通りませんのでご注意ください。

上記の入力が終わりましたら保存して続行をクリックします。

Continue

次に、プライバシーとコンプライアンスを入力し、保存して続行をクリックします。

Privacy and Compliance

続いて公開範囲を設定し、保存して続行をクリックします。

検証機能テストに進みますので、検証と機能テストをそれぞれ実行します。

問題がなければ、スキルが申請可能な状態になりますので、スキルを申請します。

(検証と機能テストで問題がある場合は、エラーメッセージが出ますので、メッセージに従って問題部分を修正し、修正後に申請をします。)

Submit Skill

以上がスキル審査の一連の流れです。審査が終わると、登録しているEメールに審査結果が送られてきます。

私が申請した時は、翌々日には結果がきました!