【ラーメンレビュー】麺屋 一橙(新小岩)

評価 ★★★★☆

開店以来行列の絶えない人気店。前にラーメンブログを書いていた際に訪れた店だったが改めて綴るにあたって再訪。

スープは鶏ガラと魚介の濃厚ダブルスープ。調味は鶏ガラ側に寄せた塩気に重点をおいたものだが、味付けは繊細で良い塩梅。もし濃いと感じた場合は少しだけ割スープを入れて食べ始めるのも一興。

最近の評判を見ていて麺が変わったとの記事を見かけたが確かに水分多めの麺に変わっていた印象。ツルツルシコシコ麺が適量のスープを持ち上げるので、スープには合ってる。

全粒ではない気がするが適度に風味が残っており、加水率の高い麺の中では好きな部類。

具材はデフォルトで白髪ねぎ、青ネギ、メンマ、海苔、つくね。トッピングで味玉を追加。特筆すべきはつくねが本当に良い仕事をしている。ことラーメン、つけ麺という食べ物は口もとを油っこくさせがち。その中で柚子の風味を効かせたつくねはさっぱりとした後味を演出してくれる。女性限定のシャーベットのサービスといい気配りが行き届いている。

前回訪問時からかなり時間が経っているのでかなり印象がリセットされた感じがするが、再び食べても新鮮だった。曜日、月替わり限定の麺も常連さんを飽きさせない工夫とスープへの研究を怠らない努力が感じられて清々しい気持ちにさせてくれる。ラーメンは奥深い食べ物。それをどう演出するか…苦労は絶えないがそれが魅力でもある。そこが出来ているからこそのいまの繁盛とも言えるのかもしれない。

今回のラーメンレビューシリーズでは厳しめの採点をしようと考えているがここはやはり名実ともに平均点よりは高い点数を付けざるをえない。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 麻婆豆腐ミニ’s story.