集客の問題

集客、集客って話、多いですよね? 何でそんなに集客にこだわるのか、ちょっと疑問に思っています。誰も来なければ、収入になりませんけどね。

人が来ない理由は明快です。

  • あなたを知らない。
  • どういうものかを知らない、怪しい、胡散臭い。
  • 効果がわからない。
  • 金額が見合わない。

最大の理由は、『あなたを知らない』です。あなたを教える必要があります。ここをやらずに、空や食べ物、ペットの写真をアップし続けるなんて言語道断です。うまく伝わってないなら、何度も書き直す、ビデオを撮る、音声を配る、人に会うが基本です。もちろん、キラー講座を展開して迎撃パターンで集客する方法もあります。私はこのタイプ。

コラボとかはやっても無駄が多いです。自分より人を集められる人と組む必要があります。そうすれば可能性は考えられますが、自分に興味を持ってくれる人を集めた方がまともです。知り合ったからコラボで開催してこじつける。そんなのお客の利益になりません。お客の利益を第一に考えれば、必要としていることを提供することになるので、無駄なコラボは必要ありません。お客をシェアするようなものです。

自分の売りを最大限に説明できれば、納得を得られるか? それが大事ですから、適当に買ってきたものをやっているような人には負けません。そして、伝えるよりもわかりやすさよりも、大事なものがあります。それに気づけているか?

年商数千万程度の仕事だったら、キャラ売りの方が楽です。自分のキャラクターを知ってもらって自分に集まってもらうという考え方です。自分に集まる人には信用があるので、どういうものか説明できますし、怪しさや胡散臭さを払拭できます。さらに、体験させることもできるので興味を誘発させやすいです。あとは価格レンジを入門編から始めて、それが効果的だったと言うことで、アップセル、クロスセルです。

こういうのは1500円程度の本に書いてあることなので、これくらいしか教えてくれないコンサルタントに行くのはバカげてます。SNSを使え、アメブロを書けなんて10年前の話です。もちろん、使わないわけではありません。効率的に使うのに数稽古って言うのは、ちょっと合ってません。

自信がないからと言って仲間とやると同じものを売っているので、最後は取り合いになりますので、地域とか、内容で棲み分けをしましょう。そうでなければおかしなことになります。セミナー系なら受講生からみたら先生です。先生が自信ないなんてアウトですからね! それなら、その上の先生についてやり方を教えてもらって自分でやる方がいいです。練習大事です。

最初から集客集客とかやっている人って、集客コンサルタントや風潮に流されちゃっている残念な人です。まず、足元を固めて、しっかりやることを決めて、自分を知ってもらいましょう。そして、集まってくれる人に出せる情報を出してコミュニケーションして信頼を集めましょう。そうしたら、次に仕事です。

地道な仕事を重ねることで、ブランドができます。偽物を作るためのブランディングなんて必要ありません。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Masanobu Inagaki’s story.