Mailerlite.comの日本語文字化け問題

ちょっと前からMailerliteというメールサービスを使ってメルマガを出しています。もう、3桁出していますが、初期の頃に文字化けがいくつも起こっていて、なんだろうなぁ? と思っていましたが、当時は特定の文字が問題なのかと思って、化けたメールでブロックごとに消したりして受信できることを確認しながらやっていました。ひどいときは10回くらいテスト送信とか、マジ笑えない・・・

とはいえ、1000人まで無料だし何通出してもいいみたいなので、お勧めのメルマガスタンドです。現在は、有料会員になっているのでしばらく続けます。

文字化けをするパターンを特定していって、主にiPhoneのメールアプリだったので(結構使っている人多いです)、なんとか対応せねばと試行錯誤した結果、簡単になんとかなりました。

いろいろやりましたけど、ここが問題だと思います。これを気にするようにしてから文字化けが一度も起きていないので、推測でそう感じています。

Mailerliteで送信されるHTMLは次のエンコーディングです。

Content-Type: text/plain; charset = “utf-8”

Content-Transfer-Encoding: quoted-printable

この quoted-printable の制約で、以下のようになっているみたいです。

Quoted-printable で符号化したデータの行は、76文字を超えてはならない。符号化した文字列を変換せずにこの要件を満たすため、必要に応じてソフト改行 が追加される。ソフト改行は符号化後の行末に「=」が置かれたものであり、復号した文字列には改行は現れない。

Wikipediaより

76文字は実際の数字としてはどうかとは思いますが、文字化けしたメールの大半が長文系だったので、適当に改行を打つようにしました。そうしたら、1度も文字化けしなくなりました。当たり前なのかも知れないけど、ハマるとなかなか見つけるのが大変ですね。

これで、今は問題なしです。日本語版ではありませんが、簡単だし、無料で始めるには丁度いいと思います。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Masanobu Inagaki’s story.