リモート家庭教師…

来年の5月に日本を出る予定なのですが、

5年かけて築いてきた個人塾のノウハウを捨ててしまうのは、どうなんだろう…と悩んでます。

できれば、これを活かした仕事がしたいのですが


姉が以前、

「ネットでカテキョの仕事すればいいじゃん!」

と、一緒にきた温泉の脱衣所で、ポロっと言ったのを思い出しました。


ネットでできれば、世界のどこにいても仕事ができる!(わくわく)

ただその当時はこのネットのカテキョ、難しいような気がしました。

私の現在の授業スタイルは、ほとんど自習に近い形。

勉強がやだな子たちを少人数制で自習させて、質問があったり、詰まった感じになったら飛んでいくという、ゆるいスタイル。

もはや授業ではない(´・ω・`)

あえて、他の学習塾みたいな「ガチガチ、真剣勝負」にならないじゅくの世界をつくっていたつもりです。

精神論とか、根性論とか、ナシのやつ。

もちろん自習内容は管理しますが(数学の一次関数のキホンをやってるな、とか漢字練習やってるな、とか)

あくまでも、やりたいこと、ペースは本人次第。

お母さんたちと都度現在の状況を共有しながら・・・

でもスカイプとかになると、想像できるのは完全な一対一の「授業型」。

(めっちゃ真剣勝負・・・)

例えば、週に一回、分からないことをまとめて質問してもらったり、ノートを写真にとってもらって送ってもらったりと、ある程度の管理はできそう。

また、先日書いたような、メールのやり取りで気持ち的な(モチベ的な)フォローもできるかと思いました。

ひとまず、今いる子たちにヒアリングしたり、

トライアルに協力してもらうこともできるかもしれないし、

親でもない、親世代でもない、先生でもない、年上の人と週に1回のメールやskypeのやり取りとかは、結構新鮮だと思うんだけど。ただ、それをどこまで仕事の形にできるか。(お金をもらえるか?)

できることを試してみたいこのごろなのです。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Minami Toyokawa’s story.