損害保険や生命保険専門課程試験のいろいろ

夜はじゅくをしていますが、平日の昼間は保険代理店で事務をしています。働いて1年になりますが、それまでいろんな試験を受けました。

まずは損害保険(以下損保)のキホンの試験、基礎単位と商品単位。基礎単位は最初からワークブックを解きながら、解説を読むような感じでテキストを読んでました。商品単位は試験中も調べながら答えられるので、何がドコに書いてあったかをある程度把握しておくことが大切。生命保険(以下、生保)の最初の試験は、損保に比べるとカンタンでした。

生保も損保も基礎単位あたりはやれば、ほぼ誰でも受かります!

専門単位に入ってくると、覚えることがドカっと増える。(特に損保)。でも繰り返しやれば、できる!

でも、ウェブで探しても、このへんの基礎単位とかの解説してるとこって少ないのね…。(サルでもわかる損保!みたいなサイトないなあ)その分回り道したし、テキストの難しい表現に慣れるのも時間がかかりました。

いつかはココに自分の復習がてら、メモを書きます。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.