鹿角市を中心とする県北のご当地料理”ほるもん”が絶品!

『秋田ほるもん酒場』@西荻窪

※文章について
秋田市出身のライターの方にご協力いただいて執筆しております。

右が店主の石田博生さん。左が奥さんの明日香さん

WE LOVE AKITAは、秋田ゆかりの飲食店のご紹介にも情熱的に取り組んでいきたいと思っています。その第一弾に選んだのは、西荻窪の駅から徒歩1分の「秋田ほるもん酒場」さん。石田POPO博生さんと妻・明日香さんが、1年半前に開店した秋田への愛に溢れた居酒屋です。

秋田に詳しい人でも、「え?秋田ってホルモン料理あったっけ?」と思った方、多いと思います。そう、実は、ホルモン料理は鹿角(かづの)市を中心とする県北のご当地料理で、南の方にはあまりないんです。明日香さんは花輪に近い尾去沢の出身。

昔、秋田の県北には鉱山がたくさんあり、厳しい労働で内臓の病気になる人が多く、「内臓の病気には内臓が効く」ということで、もつ煮込みやもつ焼きがよく食べられるようになったのだそうです。

これぞ鹿角名物ほるもん鍋!

今では「鹿角ホルモン」としてブランド化し、さらに広く親しんでもらおうという動きが起きています。

ほるもん酒場のホルモン焼きは、花輪の名店、 ホルモン幸楽直送。ジンギスカン鍋に特製たれで味を付けた牛豚のホルモンとキャベツと豆腐が山盛りになっているのが幸楽流。ほるもん酒場は、その流れを汲みながらも、モヤシをたくさんのせています。ジンギスカンであれば焼いたマトンの油が溜まるところに、もつ焼きのたれが入っていて、焼きながらそれをスプーンですくって繰り返しキャベツにかけて焼く「煮焼き」という面白い調理法です。

たれが煮詰まるにしたがってニンニクがきいた甘辛みそ味の香ばしい香りが立ちのぼり食欲をそそります。テーブルに運ばれてきたときは、すっごい量に見えたのに、いざ食べ始めたらあっという間に消えてしまいました。あのたれ、魔法です。

そしてホルモン焼きのシメが、そのうま味たっぷりのたれとチーズを絡めて焼いたうどん。このうどんだけ食べたいといって明日香さんを困らせる客もいるほどだそうです。

店長が腱鞘炎になるのではないかと心配になるほど、下ごしらえが大変なパイカの塩焼き

もう一つ、典型的な秋田料理の店にはない特別メニューが「パイカの塩焼き」。パイカって男鹿や能代の周辺で豚バラ軟骨を包丁でガンガン叩いて叩いて叩いて細かくして焼いた店長の汗の結晶。1キロの下ごしらえに2時間かかるのというとても手のかかるメニューですが、噛むとコリコリとする軟骨とジューシーな豚肉のハーモニーが絶妙。

もちろん、ほるもん酒場には、きりたんぽ、ハタハタの一夜干し、ジュンサイ、いぶりがっこ、とんぶり、ちょろぎなど、秋田といえばすぐに思い浮かべる食材もしっかりそろっています。

じゅんさいはつるつるとした透明のゼリー(ムチン)に包まれた水草です。食物繊維やポリフェノールも入っているそうです
ちょろぎは、シソ科のチョロギの根っこ。カリカリしています。アクティオサイドという強い抗酸化作用を持つ成分がふくまれ老化防止になるという研究もあるとか

また、水煮や塩漬けではなく生から調理して根まがり竹(4月中旬~5月中旬)や野草のミズ(5月中旬~10月中旬)をいただけるというのは、秋田に住んでいてもなかなか味わえない貴重な体験です。

はたはたの一夜干し、頭から尻尾まで全部食べられます。
いぶりがっこはクリームチーズとの相性が抜群!

みなさん、秋田料理の定番中の定番、きりたんぽ鍋はどうなんだろうと心配になってきてはいませんか?もちろんあります!ただ、さすがに夏はやっていません。10月ぐらいから4月ぐらいまで。きりたんぽに欠かせないセリが手に入りにくいからです。また、クルミの入った甘味噌を付けて焼いた味噌付けタンポもあるみたいです!スープは浅利佐助商店の比内地鶏スープです。

秋田ほるもん酒場が誇る秋田の銘酒

すいません!ようやく、お酒の話にたどり着きました。ほるもん酒場は、日本酒メニューにも鹿角ラブが溢れていて、地元の酒蔵かづの銘酒の日本酒9種類を常備しています。東京では、ここだけだそうです。POPOさんによると、「秋田の酒蔵はどこもとても美味しいですが、コメの甘みがよく感じられ香りのよい酒が多い」そうです。

でも、もっといろんな酒蔵のお酒を飲んでみたいという人もいますよね。そういう人のためには、秋田県の全酒蔵の中から選んだお酒2種類が飲める「秋田の地酒飲み比べセット」があります。組み合わせは不定期で替えているそうです。

今年発売した かづの銘酒「みのり」。お米は「萌えみのり」です。

焼酎メニューにもニッチな秋田の「そふと新光」を入れるほどのほるもん酒場、秋田県人以外には、「これなに??」的なものも多いので、メニューの最後のページは、秋田の食材について丁寧に説明してくれてます。なので、秋田県人以外も恐れず訪ねてみてください。秋田を、そして鹿角を好きになって欲しいという気持ちにあふれたお二人は、質問大歓迎です。

今では張りのある声で客の注文を伝え、てきぱきと店内を仕切ってすっごくいきいきしている明日香さんですが、お店を始める前は、接客業には向いていないと思っていたのだそうです。

明日香さんと『恋する鹿角新聞』
壁には毎年8月19日~20日に開催される花輪ばやしのポスターと秋田県の地図(秋田出身の人は、名前入りシールを貼ってもらえます)

そもそも、彼女の両親が、娘の結婚相手は土日が休みのサラリーマンと決めていたので、ずっと飲食業界で働いていたPOPOさんは彼女と結婚するためにサラリーマンに転職したのだそうです。でも、POPOさん、秋田に行くたびに、その食の魅力への興味を深め、これを東京の人に知ってもらえる店を開きたいと思うようになったのです。明日香さんも、ご両親も最初は反対したものの、そんなにやりたいのなら、と最後は根負け。でも、そんな明日香さん、今は接客が天職ではないかというぐらい生き生きしています。その上、お母さんは、鹿角の食材を店に宅配便で送ってくださる、この店に無くてはならない存在になっているのだそうです。わたしたちがお店にお邪魔している間にも、いろんな食材が入ったお母さんからの宅配便が届きました!

明日香さんのお母さんが送ってくれたきりたんぽときゅうり。定番だけでなくいろいろ面白いものを送ってくれるのだそうです

「将来の夢は?」とお聞きしたら、POPOさん、ちょっと考えて「とりあえず、鹿角をかづのと読める人を増やすことと、秋田のことを東京の人にもっと知ってもらえるように情報を発信すること」と答えました。この飽くなき秋田への愛。POPOさんは実は静岡県出身です。秋田生まれのみなさま、負けてはいられませんね!

番外編 明日香さんが大好きな青ノ木のスイートポテト。(メニューにはありません・・・残念ながら)