Image for post
Image for post

フォローしてね!
https://www.instagram.com/misamisaz/

2019年、わたしは母になった。わたしがこのブログを更新しなかったのは、妊娠中約1年間SNSをしないと決めていたから。妊娠中、つわりがとてもひどくて、気分のアップダウンも激しかった。こんな状況で世の中にいいことを発信できない。たぶんしたら後悔する。そんな想いでブログを更新できなかった。ごめんね…。これから更新していくので読んでね。わたしの”ベターライフアーティスト”のメディアではがっつり書いた記事とアイディアをシェアしているので、そちらもぜひみてください。
ここでは、”ベターライフアーティスト”の制作裏話をシェアしていきます。

ついこの間まで “ママ” でしかなくなっていたわたしが、わたしらしさを手に入れた。

Instagramの毎日投稿をがんばろうと思ったきっかけは、家事と育児に全集中するだけじゃなく、新しいことにチャレンジしたいと思ったから。
出産という、大ビッグイベントを成し遂げて、もうすごい!って自画自賛しながらも、育児になれてくると少しずつ物足りなくなっていた。新しい友だちはママ友。同じ月齢の子どもがいるっていうだけのママ友。その現実に疑問を感じたの。話す内容も共通の趣味があるわけでもないから、子どものことだけ。ちょっとさみしかった。

それまでは新しい出会いといえば「ミサミサと話が合うと思って!」とか「仕事に繋がりそうだと思って」とか紹介していただいた方々だった。でも今は、わたしとじゃなくて、子どもとの共通点だけ。この状況から抜け出し、自分をもっと表現していろいろな人とつながりたいと思ってはじめたのがInstagram。
もう一度やりたかったデザインも勉強しながらアウトプットできるし、育児も6ヶ月もたつと余裕がでてきたし、これならできそうと思ったの。

まずはコンテンツはアメリカ育児にしようとゆるい気持ちではじめてみた。

スタートした時はこんなかんじ👇。Instagramらしく、写真をメインに伝えたいことを書いてた。


Image for post
Image for post

Hello!
シリコン・ミサミサ・バレーです。

サイトはこれだよ!

https://www.misamisaz.com

いつからシリコン・ミサミサ・バレーになったんだよ!ってこのブログを読んでいる人は思うかもしれないんだけど、わたしのサイトに公開している記事から抜粋すると

シリコン・ミサミサ・バレーはInstagramで毎日ライフスタイルを発信をする中で、今井みさこだと普通すぎてつまらないな〜と思っていたときに、友だちにつけてもらった愛称です。シリコンバレーに住んでいる、ミサミサってわかりやすくて気に入ってます。

ママになってちょっと時間ができて、なにかしたいなと思ったときにもともとデザインの勉強をするためにアメリカの大学に通っていたわたしは、妊娠・出産を機会に休学。「ママになりちょっと余裕がでてきて新しいことをはじめたい」「もう一度習ったことをインプットしたい」という気持ちから、デザインを勉強しながらInstagramにコンテンツをアップしていこうとはじめたことがきっかけです。

そこから、こんなアイディアはどうかな?こんなデザインはどうかな?と模索しながら、わたしの肩書にあるベターライフアーティストという軸ができて、もっと大きく、深く、長く展開していきたいという気持ちに今なっていて、わたしのメディアができました。

このメディアはわたしは家事・育児の合間をみつけて、少しずつ 少しずつ制作&更新をしています。娘が1歳になって動き回るようになって目が一瞬も離せなくて大変!!朝寝したぞ〜!やった〜!っとパソコンの前に向き合っているなうです。大きくなってきたらもっと時間に余裕ができて、もっと更新できるぞー!とちょっと甘い期待があったんだけど、そうはいかない感じがすでにしている…。ナニワトモアレ、できる範囲でがんばります。

わたしが今一番頑張っているのはInstagramの更新!毎日更新頑張っているよ。デザインの勉強と思う気持ちはどこへ…っていうくらいに、毎日更新に追われるようになってきてしまった。フォロワーもっと伸ばしていきたいのでフォローしてください!感想ください!お願いします!!

https://www.instagram.com/misamisaz/

さてさて、わたしのメディアをオープンして何を公開していくのかというと。

わたしのメディアサイトでは”Wellness””Sustainability” “Motherhood”をコアとしたライフスタイルを紹介していきたいと思っています。

そのほかには、ここでしか読めない対談記事、産後ダイエット-13キロ達成のダイエット方法、モンテッソーリ育児、夫婦円満の秘訣、英語絵本の紹介などのアイディアなどなど…盛りだくさん!わたしのやりたいことだらけ!

そうなんです、このホームページはわたしが編集長のライフスタイルメディアです。

今後、いろんな人と一緒にこのアイディアを大きくしていきたいです。

そして、現在絵本の製作中なのでその出版や英語での発信なども行っていきます。

野望はたくさんあるので、一つづつ丁寧に積み重ねていきます。

一緒に楽しんでやっていこう〜!

ベターライフアーティストとは、わたしが作った造語です。

わかりやすく自分のことを一言で表現することばを探し、悩み、今しっくりきていることばです。わたし自身が、毎日よりよい生活のためにどうしようかな〜と悩んで実行して、よかったことなどをシェアしているので、ベターライフアーティストという肩書が合っているのかなと思います。

そして、わたしは起業家です。いまはお休みしているのですが、3期に渡りお仕事をしていました。これまで担当させていただいた仕事の内容としては、原作の制作やシリコンバレースタートアップと契約をし商品の営業、アーティストのプロモーション、テクノロジーとアニメのコラボ企画、…などなどさまざまなことをやらせていただきました。

それ以前は出版社→エンターテイメント企業で勤めさせていただいました。

こうして、振り返ってみると、今やっていることは今までやってきたことの集大成みたいなもので、全て繋がっているような気がして感慨深いです。

もっと詳細に過去の活動を知りたい方はこちらを御覧ください!

このメディアを通して、あなたの刺激と情報になったら嬉しなと思いながら更新していきます。こっちのブログも更新していきますが、メインがメディアサイトになるのでブックマークしてちょ!もう一回リンクはっておきます。https://www.misamisaz.com/


連日投稿します!
昨日は「シリコンバレーでデザインを勉強すると決めた理由」についてアップしました。今日は矯正について、アメリカで矯正をスタートさせて早1ヶ月。なんで今・アメリカでなのかについて書きたいとと思います。

Image for post
Image for post

まず私の歯について。写真みてもらえればわかる通り、八重歯がありました。日本ではかわいいね〜!っていう個性になるんだけど、アメリカに来て「なんで日本人は歯を治さないの?」グサリと質問されたりもした。
そして見えないけど、乳歯があった。そのせいで幼少期に矯正ができずにズルズルと…27歳になってしまった!

私はずっと歯コンプレックスで矯正をしたかったんだけど、なかなかできないでいた。その理由は、歯医者に行ってから矯正を始めるまでにめっちゃ時間がかかってた!から途中で何度も挫折したのです。まず歯医者にいって診断→虫歯を治そうといわれる→歯をチェックしたらここではできないので大きな病院を紹介すると言われる(ここまでで1ヶ月くらいかかってる)その後矯正専門に行く…私の場合乳歯があったり親知らずがあったりして面倒が多いので普通よりも時間がかかっていたんだと思う…。にしても、効率悪いよね!!!

アメリカで生活していくためには歯はとても重要じゃ!

洋画をみるとキッズはみんな矯正している。ディズニーランドin LAに行くとキッズはみんな矯正してる。理由は20歳以下で矯正をすると保険が効いてとっても安く矯正できる。だからみんな若いうちに矯正するんだよね。そして、アメリカでの歯の教育がすごい。歯が白くて整っていることは、裕福さと教養の現れだから、私みたいな歯は…な訳です。(アメリカ人全員がそう思っているわけではないと思うけどね)

もう限界じゃ!

歳を重ねれば重ねるほどに歯が骨になり動かすのが難しくなってくる。なるべく早いうちに矯正はしたほうがいい…今やろう!ということで去年歯医者にいき、矯正を考えていると伝えるとレントゲンをとったりして1時間の診療で今後のスケジュールと値段が把握できた。とってもスムーズ!そして2年というスケジュールでまず矯正をするために虫歯を治して、親知らずを抜き、矯正専門の歯医者に行き細かいことを決めた。そしてすでに去年と今年で計9本の歯を抜いたwこれだけ聞くとやばいんじゃない!?と思う。私も歯って全部で何本なの?wと思ってしまう。が無事である。
この前は乳歯も含めて5本一気に抜いた。歯を抜いてくれるのは歯を抜く専門の人で手馴れている。1時間ほどで終わった。すごいっ!
日本と何が違うかというと、なんといってもスムーズで早い。
おかげでストレスなく矯正をはじめられたわけだが…

歯医者でも値段交渉が必要!!

歯医者も医療現場だと思っているんだけど、ここでも交渉が必要な国。それがアメリカ。今回の5本一気に抜く見積もりを1本$790と言われ×5本と麻酔などで$4000ほどに(日本円で40万以上)高すぎるだろっ!!
周りの人に聞いて、歯医者の平均費用がわかるサイトで調べると$250くらいが妥当。え!ぼったくられてる!!
勇気を出して旦那が交渉。その結果$1600の半分ほどの金額になった…。恐ろしすぎるぜ。医療現場でも調べて(エビデンスを持って)交渉がとても大切。夫婦共々勉強になった。

結論は

・なるべく20代で済ませるほうがいいという年齢的な理由

・アメリカで歯は裕福さと教養の証であるため

です。矯正はおすすめです!また矯正進捗あれば更新します。


Image for post
Image for post

今井みさこになって初めて&矯正をして初めてのインタビューをしていただきました!まだアメリカにきて何もしていないので、インタビューなんて恐縮なのですが、誰かのチャレンジのきっかけになれれば嬉しいなと思っております*ぜひ読んでくださいね!

とても上手に編集していただいて嬉しい限りです。こういった機会はとっても嬉しいし自分自身を見直すきっかけにもなるので大切にしたいです。

記事になるきっかけは

編集の中屋敷さんにお会いして、私が遠隔で自分の会社を運営していることについてお話をしていて…紆余曲折あり夫婦インタビューって新しいかもっ!となりインタビューしていただきました。最後の中屋敷さんの写真がおもしろすぎて好き。最後まで読んでね!


Image for post
Image for post

先日サンフランシスコからシリコンバレー(サニーベール)に引っ越しました!サンフランシスコの年間通して秋な気候も大好きだけど、シリコンバレーのカラッと晴れていて年間通して初夏な気候が気に入っています!日本で言うと東京から筑波(茨城県)に引っ越した距離で、つまり田舎。とってものどかでスタンフォード大学の敷地は広大で、これから通うFoothill Collegeは丘の上にあって車がないと行けない…つまりサンフランシスコに住んでいた時とは全く違う生活リズム。そして住んでいる人もサンフランシスコに比べてアジア人が多い(特にインド系)!ここはアメリカなのか!?って思うほどアジア人をよく見かけます。今勉強しているアパートの共有スペースにも、私以外みんなインド系の人という人口率w

そんな最近なのですが、今日はなんで今からアメリカのコミカレに行き直してデザインを勉強するの?ということについて書きたいと思います。

サンフランシスコやシリコンバレーに住んでいると20代後半〜30代前半でMBAを学ぶ人、大学院に行き直す人、新しいスキルをつける人などが本当に多いように思う。もちろん大学卒業後MBAや大学院に進む人もいるけれど一旦仕事をしてみていろんな経験をしてから、さらにスキルを積む人もとても多い。
しかし、日本人の人に会うと就職後(仕事をしてから)学ぶ必要性を感じていていない人ばかり。そんな人に質問したい。

あなたは一生そのスキルで生きていけますか?

シリコンバレーと日本では働き方が根本的に違う。日本では一旦就職してしまえば新しいスキルなんて必要なくってそのまま働けるのかもしれない。しかし、今になってもそうだろうか?定年退職や永久就職なんて概念は薄れてる。AIや新しいテクノロジーに生活はより変わっていく中で、あなたが働いている業界が今後伸びていく業界なのかどうかも重要だと思う。落合陽一さんや堀江貴文さんによる著書に今後の仕事についてまとめてあるらしいので読んでみるといいかも(私は読んでないけど…)

私は2年前の自分のスキルで一生食べていけると思えなかった。

会社員をしている時にこのままでいいんだろうかという不安が常にあった。このまま年収は上がないだろうし、新しいスキルをつけるお金と時間に余裕がなくて自分のインプットを使っていくだけになるんじゃないかって。そう悩んだ結果、独立。自分の会社を設立して、アメリカに行くことを決めた。(その時本当に悩んでいて、そこに手を差し伸べてくれる人がいて今となっては感謝してしきれない。そういう方々のおかげで今このブログを書けているし結婚という転機も私にとって大きく影響している。)

独立すると自分のスキルが目に見える

独立すると自分のスキルはなんなのか身をもって知ることになる。これからの働き方として、イケダハヤトさんが発信していたり、ヒカキンさんが実践していたり、田端 信太郎さんが本を執筆していたりするわけだ。シリコンバレーではそういった「個」をもって市場で戦う考え方は一般的だと思う。みんな情報発信をしていて、自分のスキルをもって会社に貢献をする。状況によってどんどんステップアップする。会社として独立していなくても、考え方として独立していると思う。そんな中でどうやって私は戦えばいいのか。

時代に求められていること×自分が夢中になれること

この2つを軸に考えてみた。1つは時代に求められていること:今後今いる自分の業界は成長していくのか、逆にどこが自分の持っているスキルはAIに取って代わられるものではないのか。2つめは自分が夢中になれること:長時間やっていても楽しいと思えることを仕事にしたいでしょ?

その結果、私はデザインを学びたいと思った

私の場合、2つめの自分が夢中になれること:エンターテイメント!作品に寄り添って仕事をしていきたいという軸はずっと変わらない。
では1つめの時代に求められていることは?私はアメリカで今後チャレンジしていくことを前提に考えたい。

“日本で仕事にしていたマーケティングやプロモーションについてはどうだろうか?”働くとなったときに一番大切なのことが言葉で伝えることになる。チームにもカスタマーにも。まず言語の問題で不利である。仕事はできても…上に上がることは難しいかもしれない。
“日系企業で働くのはどうだろう?”うまく言えないけどテンション上がらない。働くことが目的ではないから。
“シリコンバレーらしくエンジニアは?”学校の授業内容を見たけど、私には向いてなさそう!
“スタートアップならエンジニア、ビジネス、デザイナーが必要だね!そのどれかはどうかな?”ビジネスはマーケティングのときと同じで言語が大切になってくるし、ダイバーシティー的な経験があまりないから苦労しそうである。デザインは本を作る過程で携わってきたし、私もやってみたことがなくて興味があることだ!それにしよう!!!

という感じ。
今現在仕事として執筆している作品にも自分でデザインできたらよりイメージを読者の人に伝えることができて、自分の作品の幅を自分で広げることができれば次に繋がる!やろう!と思いコミカレにアプライをしました。

私がこれから通うFoothill CollegeはDe Anza Collegeの姉妹校であり、過去50年の間一貫して全米でトップクラスの2年制カレッジと評され、多くの学生が世界の有名大学に編入しているコミカレです。ソースはここ

そこで学問として学ぶことの意味があると感じています。日本でデザイナーってどうやってなるのかいまいちわからなかった。この前読んだブログには「弟子入り」「独学」って書いてあって、私はお目目まんまるです。寿司職人みたいな感じなのか…と感じてしまった。シリコンバレーにおいてデザイナーだけの人ってあまり優秀なイメージがなくて、デザイナーでビジネスわかります、エンジニアもちょっと、マーケティングもできますっていうスキルセットがあればなおいいから、職人っぽくなってしまうのはよいデザインはできると思うけど幅が狭くなってしまうと思うんです。

そういう意味で学問としてアメリカで学んでみたい所存です!まだ授業がはじまっていないので途中で根を上げてしまう可能性もあるのですがw
頑張ってみたいと思います。

そして最後に、今いる環境に悶々としているけれど学ぶというチャレンジができない人。

すごく気持ちわかります。会社を辞めるってどうも自分勝手だと思われちゃう傾向にあるから抜け出せない。次のステップに行った時にどう思われるかわからないとかいろんな感情がありますよね。私自身、同じように思います。だけど、自分勝手だと思っている人はいつも自分の外野側にいる人で気にする必要がないし、次のステップに行った時に足を引っ張られる感じがあるとしたら、その人があなたの成長に付いてきてないだけでそれも今後疎遠になる人だから気にしなくて全然よくって、もっと新しく大切にするべきものが現れているという証拠だと思うんです。

チャレンジするっていう決断。大切です。
誰かのアクションに繋がったら嬉しい✳︎

Photo by Arnel Hasanovic on Unsplash


Image for post
Image for post

マチアソビ業界関係者女子会にご参加くださったみなさんにご報告があるので、ブログを書かせていただきます。

2018年度10月からのマチアソビ業界関係者女子会の運営は私ではなく、他の方が運営してくださることになりました。前回のブログでも書いていたけど“女子会をどうやって続けていけばいいんだろう”と悩んでいたので、まず女子会を続けてもらえるということは嬉しいなと思ってます。イベントを開始してから5年間の間に、マチアソビ業界関係者女子会を続けたい思いで会社内で企画を通したり、サンフランシスコから実費で徳島まで行ってイベントを開催したりと自分の中で続けるために試行錯誤をしていたので、ずっと応援してくれていたユーザーの方々に直接お伝えできなくて残念な思いです。

このイベントは一重にユーザーの方々ありきです。イベントの規模は小さいながらも「来てくれた人のためになるようなイベントを」と、その時々にいただいたユーザーさんからの質問に出演者のいろんな立場からお答えさせてもらってきました。その活動範囲はイベントだけに留まらず、アニメビジエンスでの連載やジャパコンTVさんに取材をいただきTVデビューも果たしてさまざまな形で業界女子の働き方を発信してきました。

思い返すと、5周年を目前に私は「続けるためには」に必死でユーザーさんの期待に応えられていないのではないかと思うようになりました。できることなら「毎回バラエティーにとんだ方々に出演していただきたいな」とか「東京でも開催しよう」というお声かけにも応じたいし「女子会として楽曲をつくろう」というアイディアも形にしたかった…などと、ユーザーさんと一緒に成長できるイベントにしたいと考えていました。しかし、サンフランシスコに住んでいることもあり、できていたこともできなくなり、自分の理想と自分の実力の差を感じ悩んでいました。その結果、多くの方にご迷惑をおかけしてしまうことになりました。そうなってしまうのであれば、私はご迷惑をかけないようにイベント自体をお休みさせてもらって考える時間をもらいたいなと思っていたところでした。

今後、業界関係者女子会はどのような形で続いていくのか私にはわからないのですが、引き続き「来てくれた人のためになるようなイベントを」を忘れずにかつ楽しいイベントであって欲しいなと願っています。

何が言いたかったのかと申しますと、今までヒミツの業界関係者女子会に遊びに来てくれてた方々と応援してくれていた男子会のみなさんに直接挨拶できずにごめんなさい!ということです。

私は次に新しい企画をもってみなさんに会えるように頑張りたいと思います!

それでは。


Image for post
Image for post

私の作品がpixiv chatstoryでも読めます!!

4月からpixiv chatstoryでも作品を書き始めました。pixiv chatstoryは無料でいつでも気軽に読めるのでぜひダウンロードしてみてください!

「幼馴染は人気声優」シリーズは、ひめ(@hime6996)たすに描き下ろしていただきました。ひめたすのイラストが大好きで“自分の作品にイラストがつけれるようになったら、絶対にひめたすにお願いしたい!”と思っていたので、その願いが実現できてとっても嬉しい!


Image for post
Image for post

こんにちは!もうそろそろGWですね。毎年GW近くになるとブログを更新している気がします。GWといえば、徳島で開催されるアニメイベント「マチアソビ」ですよね。そこで、私が主催させていただいてるイベント「業界関係者女子会」の告知をそろそろしなくてはいけない時期なのですが、なんと今回は

「業界関係者女子会」は、お休みです!

5周年という節目にいろいろ企画をしていて、いろんな方々にご協力いただいていたのですが、私の力不足でサンフランシスコから徳島に向かうことが今回難しくお休みさせていただくことになりました。とっても悔しい気持ちでいっぱいです。#マチアソビ #女子会 がなくなるわけではなく、どうにか続けていきたいと思っておりますので、どうかまた遊びにきてね!!

もう5年の月日とは長いものですね。22歳でこのイベントの企画をして私は27歳になり、その間に転職→独立→結婚→サンフランシスコ移住…いろいろあるな〜w そういった人生転換期の節々でこの女子会を開催させてもらって、1回目から私も伝えられることも違ってきたと思うし、業界の状況も変わってきていると思うんです。

イベント企画当時は、星海社時代に今井さん(今では株式会社ツドイの社長さん)に「女子会やれば!」というアドバイスから始まり、マチアソビプロデューサーの近藤さんが唯一入れないイベント!というのが自分的に燃えて開催し、イベントを開いてみてから気づくことがたくさんでした。業界関係者女子会は、業界(アニメ・ゲーム・出版など)で働く女性と声優さんアーティストさんなどを招いて、女子ユーザーさんからの質問をメインに話していく女性限定トークイベントなのですが、私自身、同じ業界で働く女性の知り合いがあまりいなくて悩みとかを相談する人もいなかったけれど、このイベントのおかげで!女性としてこの業界で働く悩みだったり、日々の生活だったりを相談できる場所です。盛り上がりすぎて「詳しくはご飯させてください!」と本当にいい出会いをたくさんいただきました。女子ユーザーさんの悩みとして多いのが、地方からアニメやマンガ、ゲームなどの業界で働きたいけど…といったことで、声優さんやアニメの広報、プロデューサーなどさまざまな目線で質問に答えさせてもらって、実際に業界に飛び込んできてくれた人もいて、このイベントは本当に誰かの人生のカーブをきるイベントになっているんだな〜ととても嬉しかったです。

その反面、私は日本から離れて住んでいるので今の状況が見えにくくなっていることを感じ、このまま同じコンセプトで続けていくことがいいのだろうか?と考えています。アメリカでは#MeToo のムーブメントもあって、その後日本もそういったムーブメントが起きているんだなとツイッターとかでみています。それが直接アニメとかコンテンツ業界に影響しているのか、わからないけど「みんなどうしているんだろ〜?」とちょっと心配だったり。そんな時こそ、このイベントってより強い意味を持つんじゃないの?とか、女の子向けの作品が年々増えている中で働く女性に求められているものが変わってきていると思うので、私はその話聞きたい!と思ったりしています。なんにせよ、今まで通りのやり方に縛られるのではなく、変化を楽しまなくては!と思うので、みなさんのご意見を聞きながら女子会もちょっとづつ進化して行きたいと思っています!

私1人ではできないイベントなので、本当にたくさんの方々に感謝しながら、少しでも誰かにとっていい影響のあるイベントを続けていきたいです!

今後も #マチアソビ #女子会 お楽しみに!

私のご報告としては、コミニティーカレッジ(短大みたいなもの)にいくことにしまして、ますます英語漬けの日々になりそうです。歯の矯正もはじめたせいで、見た目がすっごく若くみられる!ので、ますます大学生らしく学生ライフを楽しめそうですw 大学ではデザインを専攻して学びたいと思います!

半年ごとに何か新しいことにチャレンジをしていて、刺激的な日々です!引き続き小説も書いているので、その告知記事も書きたいと思います。

ではー!


ストリートファッションの祭典“COMPLEX CON”in LONG BEACHに行ってきた!

2017/11/4–5にロサンゼルスのロングビーチで行われた“COMPLEX CON”!え、みさみさストリートファッションとか好きなの!??って声が聞こえてきそう…元々は弟がストリートファッションとかスニーカーが大好きでアメリカに引越してから、日本への帰国が決まると毎回のように「このスニーカー買ってきて!」とか「この服いくらで売ってる?」とか連絡がきて、優しい姉私はその度にお店に赴くようになり…私もすっかりハマってしまったのです。

Image for post
Image for post

ストリートファッションに詳しいお友達もできて、よりストリートファッションを楽しめるようになって、そんなお友達と一緒に“COMPLEX CON”に行くことになったのです。

今年の“COMPLEX CON”は画像にもあるようにファレルと村上隆さんが目玉!で、ライブと企業ブースでの限定のグッズ販売や限定スニーカー販売や先行発売などが行われ、チケット代は大体$100ちょっとかな。+一人$200でVIPチケットが買えて、早く入場することができる。今回の反省を活かして来年はこのVIPチケットを買いたい。

ストリートファッションとかラップとが好きな人にはたまらないイベント!今回の、私たちのお目当ては村上隆さんとMADSAKIさんのアートピースとイベント限定グッズの購入。次回はVIPチケットを購入したい理由はね、

グッズ購入で合計6時間も並んだからぁぁぁぁ!!

人生最長記録なのではないか?コミケみたいに列さばきがまぁよくない。列整理やらせてくれー!!と何度思ったかwしかもレジでめっちゃ店員さんと話したりするからwまぁ進まないんです。でもまぁ、並んだのも思い出ということで。嬉しいこともたくさんあったよ!

村上隆さんと写真が撮れた!!

今井みさこ

ベターライフアーティスト編集長🥳シリコンバレーから変わるを楽しむアラサー世代が今知りたいライフスタイルのアイディアをシェアしています。https://www.misamisaz.com/

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store