簡単に・・・いや感情的に説明します。

来月UAHFを発表したBitmain社のJihanを訪問する事になりました。今後のBitcoinの未来にとっても大きな影響を及ぼすので自分の目で色々と確かめようと思って・・。

UAHFと言う言葉の解説は次回のブログで。今日はどんな問題が起こっているかを伝えておこうと思います。

簡単に…いや、感情的に説明すると・・・

実際にめちゃくちゃ困ってるんです!!!

KIZUNAはビットコインで寄付をする事により無駄な手数料を払わず1円でも多く寄付を届けるのがコンセプト。KIZUNAはコミッションは1円も取っていません。正確にいうと0.00000001BTC=1Satoshiも取ってません。

銀行を介さないで直接支援できる。海外手数料もほぼかからない。マイクロペイメントにも適してる。と言ってきました。実際そうだったから。

しかし今現在。手数料が高騰しているっっ!!!!

これはずっと議論されているビットコインのブロックサイズ問題(通称スケーラビリティーの問題)というものがあります。

簡単に…いや、感情的に説明すると

「ビットコインが1秒で決済できる回数はたったの4〜7回程度なんだって?!VISAは2000回なんだよ、信じられないそんな少ないなんて!!ビットコインユーザーが増えてきてるのに、そんなんじゃ捌けなくね?….あああああああああああ既に捌けてないのか!!だから最近取引のスピードがちょーーーー遅いし、手数料もバカ高いんだ!!困るでそんなもーん!!」

ってな感じです。

優しい友人がKIZUNAに寄付するねと目の前でニコニコ1000円送金してくれたのに、プラスで手数料600円取られてた。彼女、口は笑ってたけど目は笑ってなかったよ。この深刻さわかりますか。

ってな感じです。

これがスケーラビリティーの問題です。

このスケーラビリティーの問題を解決する為の提案が数多くされていますが、そのうちの1つがUAHFと言う訳です。どのような解決策が良いのか自分も考えたいし知りたい。とりあえずKIZUNAで実際困っているのでどの解決策がベストか真剣に知りたいです。なので7月6日から行ってきます。

最後に、Bitmain社に訪問の機会をくださったKEN Shishidoさん本当に有難うございます。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.