Binance Charity 「月経貧困」解決に向けたステーブルコインを発表、46社と提携。

KIZUNAもピンク・ケア・トークン同盟メンバーにジョインしました。

MissBitcoin
Jul 6, 2019 · 8 min read

2019年7月3日、Binance Charity Foundation(BCF)(暗号通貨取引所Binanceの公式慈善団体。ブロックチェーンを基盤としたチャリティ・プラットフォーム)は、44の企業および組織との、“Pink Care Token”(PCAT)推進に向けた戦略的提携を発表しました。

period poverty campaign期間中、同盟は、途上国の100万人の女性の総合的な健康および福祉を改善し、生活全体を向上させることを目指しています。ピンク・ケア・トークンと生理用ナプキンの最初の支給は、ウガンダで7月中旬を予定しており、ウガンダ政府(大臣レベル)からの応援も受けています。

「ピンク・ケア・トークンは、Binanceチェーンが発行する初の社会的インパクトを持つステーブルコインです。暗号通貨の採用を促進することは、私たちの使命の一つです。慈善活動は、暗号通貨の価値を多くの人にもたらす一つの最適な方法だと思います。」とBinance CEO /共同創設者のChangpeng Zhao(CZ)氏は述べました。

「ピンク・ケア・トークン」は、Binanceチェーンが発行する償還型トークンで、通貨ではなく一年分の生理用ナプキンとして支給されます。 同盟メンバーは、新しい価値のあるステーブルトークンを導入することで、お金の本来の価値が暗号業界にもたらされることを期待しており、さらに、100%の透明性、汚職ゼロ、最小限の取引費用、そして技術革新の活用により、月経貧困の解決をもたらすとしています。

「暗号通貨と既存業界の間で初の連盟を築くことよって、全ての人間、特に底辺の生活を営む何十億もの人々の明るい未来を形成していけるよう、強固な同盟関係を築いていきたい」とBinance Charity Foundation代表Helen Hai氏は述べ、さらに、「最終的には、人間とその価値観に帰着するのです。ピンク・ケア・トークン同盟が、テクノロジーと人間の最も優れた性質、つまり創造性、共感性、責任感を結びつけ、分かち合うという人間性をもたらすことを願っています。」と述べました。

ウガンダでは、学校の子供たちを支援する「Binance for Children」イニシアチブ開始し、給食food、教材scholastic materials、ソーラーパネルによる電力solar charityなどを提供しています。 2月からウガンダで活動を続けている私たちBCFの職員は、現地での活動の中で、地域の女性達が抱えるニーズを特定しました。ウガンダの多くの女性は、生理ナプキンを購入することができず、代わりにキャッサバの葉を使用しています。それによって、感染症、一般的な不衛生、生活に関わる深刻な問題などを引き起こしています。

「都市に住む女性達にとっては、月経は習慣的なものであり、深刻な問題ではないかもしれません。私たちは女性であることに誇りを持っています。しかし、多くのアフリカの女性達にとって、生理ナプキンは高価なもので、月経は一つの恥辱なのです。ピンク・ケア・トークンによって、月経貧困を終わらせましょう」とBinance共同創業者/CMO Hevi氏は述べました。

多くの財団、NGO、企業が長年にわたりこの社会問題に取り組んできたましたが、信頼に欠け、中間コストがかかる既存の寄付のやり方では、非常に効率が悪く透明性に欠けています。しかし、ブロックチェーンを駆使した慈善活動なら、これらの問題に対する新たな視点と効果的な解決策を提供することができます。

Binance Charity Foundationおよび戦略的同盟メンバーは、女性用衛生製品を入手することができない途上国の若い女性達を、PCATという形でサポートしていきます。

Tron創設者Justin Sun氏もまた、このイニシアチブに対する願いを次のように述べています。「暗号通貨によって世界をより良い場所にする方法はたくさんあります。“世界で困っている人を助けることができる”ということは、その重要性を強調し、このような機会を与えてくれたBinance Charityに感謝しています。世界をより良い場所にしていきましょう。」

「このイニシアチブに参加でき興奮しています。暗号通貨を世界中に流通させている金融サービスプロバイダーとして、Babel Financeは“暗号通貨は世界をより良い場所にできる”と信じています。ピンク・ケア・トークンは、女性の生活環境を改善しながら、ブロックチェーン技術の利点を実証することができる、他にはない活動です。この革命的な慈善活動が世界中に広がり、何十億もの人々に恩恵をもたらせるよう願っています。」とBabel Finance創設者/CEOのFlex Yang氏は述べました。

How can I be a part of the Pink Care Token Initiative? ピンク・ケア・トークンへの参加方法

現在、暗号業界の44の主要団体が本同盟に参加しています。多くの若い女性たちへ生理用品を支給し、価値のある交換、そして暗号通貨による貧困層への支援を促進するために、私たちはパートナーを募集しています。

ご寄付はこちら:

https://www.binance.charity/period-poverty

同盟についてのお問い合わせはこちら: bcf@binance.charity

45 のピンク・ケア・トークン同盟メンバー (Binance Charityを含む):

Binance, TRON, BabelFinance, Ripple, Alice, Mithril, Machi X , Arrington XRP Capital, Bloq, AELF, Emurgo, Blockseed Ventures, Primitive Ventures ,Paxful, Earth Protocol, IoTex, Sora Ventures, Tally Capital, Pundi X, Matic Network, Harmony, Bloc Platform, Quantstamp, Celer, StormX, GXChain, Orichal, Enjin, QuarkChain, Ultrain, Contentos, Zcoin, IOST, CryptoSavannah, Period.org, Fetch.AI, KIZUNA, Certik, V Systems, AIDTech, Fintech4Good, Nebulas, VeChain, 8 Decimal Capital, DENT, Blockshine Technology, Binance Charity.

ピンク・ケア・トークン発行履歴:

https://explorer.binance.org/asset/PCAT-4BB

添付:

ピンク・ケア・トークン概要: https://drive.google.com/file/d/1nx4XI68ctwBVmtEAZWYowkhib9Gr0pH1/view?usp=sharing


Binance Charity について

Binance Charity Foundation(BCF)は、持続可能な開発の達成に向けて、ブロックチェーンを活用した慈善事業を推進することを目的とした非営利団体です。 BCFは、世界初の分散型慈善財団によって慈善事業に変革を起こし、ブロックチェーン技術によるあらゆる貧困や不平等の終焉、持続可能な開発、そして誰もが取り残されない未来の実現を目指しています。世界最大仮想通貨取引所Binanceによって始動。代表Helen Hai氏(UNIDO親善大使)。委員長Marie-Louise Coleiro Preca氏(マルタ共和国大統領)

詳細はこちら:: https://www.binance.charity

引用:https://t.co/tIGRLzROHC

今回の取り組みん賛同している人たちがこちらのポーズでSNS上に写真をアップしています :)

MissBitcoin

Written by

Miss Bitcoin&Bitcoin Donationのウェブサイト「Kizuna」創設者。ミスビットコインの藤本真衣です。ミスビットコイン寄付サイト「Kizuna」を運営しています。「ミスビットコインとブロックチェインに興味あるけど、取っつきにくいしい。」と思っている人はどうぞご一読ください。

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade