Mitama mintのダッチオークションとは?

NFTコレクションに値段をつけるのは正直難しいです。高すぎてコレクターが逃げてしまうのも困りますし、安すぎてプロジェクトを維持できなくなるのも困りものです。 NFTの世界では、固定価格での販売とオークションのどちらかを選択することができます。固定価格での販売では、NFTコレクションは、コレクターがNFTを購入するために支払う価格(mint price)が決まっています。 しかし、オークションは少し違う仕組みになっています。 Mitama mintは、最近のKiwami NFTコレクションに由来するユニークなコンセプトで、ダッチオークションの特別バージョンを使用します。 オークションの仕組みを簡単に説明すると、次のようになります。 まずオークションには様々な種類があります。 ※以下はまずは世の中にあるオークションの種類と概念の説明になりますので、Mitamaのオークションシステムを知りたい方はこちらまで飛ばしてご覧下さい。

Mitama mintのダッチオークションとは?
Mitama mintのダッチオークションとは?

Mitama Mintのユーティリティとは?

NFT / Web3分野の初心者であれ、戦歴のあるベテランであれ、プロジェクトの可能性を評価する際に最初に確認したいのは、そのユーティリティ(実用性)でしょう。 この記事では、私たちのプロジェクトのユーティリティ(実用性)をシンプルに分かりやすくお伝えします。 このプロジェクトをミントする方やホルダーにとっての1番のユーティリティ(実用性)は、おそらくロイヤリティインセンティヴだと思います。 もしあなたがMitama達をミントすれば、そのミントしたMitama達からロイヤリティを受け取ることが出来ます。 ロイヤリティ・チェーン・インセンティブ(Holder Pass) OpenSeaなどのマーケットプレイス(セカンダリー)での購入者は、そのNFTをその後売却した後、6回分の取引におけるインセンティブ(ロイヤリティの一部)を受けることができます。これは簡単に言うと、Mitama NFTの最初の7人のオーナーが売上の3.3%を共有するということです。この売り上げを共有する過去7人のオーナー達をロイヤリティチェーンと呼びます。

Mitama Mintのユーティリティとは?
Mitama Mintのユーティリティとは?
Mitama

𝔸𝕟𝕔𝕚𝕖𝕟𝕥 𝕠𝕥𝕙𝕖𝕣𝕨𝕠𝕣𝕝𝕕𝕝𝕪 𝕤𝕡𝕚𝕣𝕚𝕥𝕤 𝕖𝕟𝕔𝕠𝕦𝕟𝕥𝕖𝕣 𝕙𝕦𝕞𝕒𝕟𝕤