PredictionIOの買収合意に関するメッセージ翻訳

PredictionIOはScala製の機械学習のためのサーバを提供する企業で、コードベースはオープンソースとして公開して開発を行なっています。
(彼らはそのサービスのホスティングやサポートを有償で販売)

https://vimeo.com/75831363

なにやらそのPredictionIOをSaelsforce.comが買収をすることに合意したらしいので、CEOのSimonのBlogポストを翻訳してみました。
正式なものではないので、細かいことは原文読むかSalesforceのPRなどに確認してください。

原文はこちら
http://blog.prediction.io/salesforce-signs-a-definitive-agreement-to-acquire-predictionio/

本日はSalesforceがPredictionIOの買収を正式に契約したニュースをお知らせすることに大変興奮しています。
(業務的な)処理が終わった後に、Salesforceに参加することに今からこれ以上ない興奮を覚えています。
数年前から、機械学習テクノロジを、スケールさせ、開発を容易にすることをミッションとして取り組んできました。
情熱を持ち取り組んだプロジェクトは予定よりはるかに早く成長しました - 8000以上にものぼる開発者のコミュニティが400以上のアプリに利用しています。
また私たちはこのコミュニティ及び、コミュニティが私たちに与えてくれたサポートに非常に感謝しています。
PredictionIOは今後もオープンソースのテクノロジとして、すべてのユーザにフリーでオープンソースであり続けます。
チームはプロジェクトがコミュニティによって自律的に機能するように継続して努めていきます。
また、まず最初にAWS Cloudformation上のPredictionIOクラスタソフトウェアの価格を$0に値下げします。
Salesforceにおいては、PredictionIOの革新的な機械学習プラットフォームはSalesforceIQの機械学習機能を拡張し、Salesforceのクラウド群全体のインテリジェンスを強化します。
Salesforceの一員になることは、私たちオープンソースのマシンラーニングプラットフォームを、世界No1のCRM企業と共により大きなスケールで開発する機会を与えてくれます。
私はこの機会を得ることをサポートしてくれた、すべてのお客さま、コミュニティ、従業員に感謝をしたいと思います。
私たちはこの取り組みをあなたたちと行えることを楽しみにしています。

と言うことだそうな。

要はコアの部分のOSSでの開発は継続して、よりエンプラな部分やラージスケールでの利用実績や知見についてはSalesforceと一緒にやることでうまくシナジーを出したいということですかね。

GithubのURLはこちらですが、すでに8600STARついてます。
https://github.com/PredictionIO/PredictionIO/

Salesforceは今まで、市場で既に受け入れられてるオープンソース製品を買収したことは無かったので、どうなるのか今後に注目です。