精力増強として、古来から行われてきた方法に「金冷法」と言うものがあります

精力増強として、古来から行われてきた方法に「金冷法」と言うものがあります。 金冷法は、古代ローマが起源と言われる方法で、精力増強威哥王に効果があった、という報告も聞きますが、あまり意味がないと言った話も聞きます。

金冷法とは?

金冷法とは、男性の精力の源である睾丸に冷水と温水を交互に掛けたり、同時にマッサージを行い、睾丸の血行を良くして、精子製造能力を活性化しようという、精力増強法です。 具体的な方法は、シャワーなどでぬるま湯と冷水を1分おきに交互に掛け、同時に睾丸を優しくマッサージします。 即効的な効果は出ないそうですが、長期間行う事により、精力増強、あるいは精力維持ができた、と言う方もいます。

金冷法が精力増強に良いと言われる理由

睾丸にある精子を作る細胞は熱に弱いという研究結果があります。 精巣の働きが最も活発になるのは、31度~33度と、言われており、睾丸を包む陰嚢が股間にぶら下がっているのは、体温により温度が上がる事を防いでいるためだそうです。 また、陰嚢はエンジンのラジエターのような役割をし、睾丸周囲の温度ががると陰嚢の表皮が伸びて放熱をし精巣の温度が上がる事を防ぎ、また温度が下がると陰嚢の表皮が縮み、精巣温度が下がる事を防ぎます。 このようにして、常に精巣が適温である31~33度になるように調整しています。 金冷法によって睾丸の温度を下げると、精巣の働きが活発になり、精力が増強される。 また、温度差のある水を掛けることにより、代謝が活性化され、睾丸の血行が良くなり、さらに陰茎海綿体への血流も良くなるので、勃起不全改善にも役に立つ と、言うのが「金冷法」が精力増強に役立つという理由です。