虚構電子体

逃げる人 追い詰める人 それも人の姿

食べる人 貪る人 それも人の姿

幾重の人が重なって 幾重の人の道をつくる

遠い海鳴り 蟲の声

ただ哭くの人ばかり 獣ばかり

iは何処 身は何処に

獣が踊る電子の中で 果てぬプラズマが今日も散る