ハッキリ言って、わたしはカナくんのことなんて信じてないよ?

「わたしは彼のことばを信じていいのでしょうか?」

これはLINE占いのご相談内容の文章でよく見受けられることばなんだけど、わたしはこういうことばを発する人の気持ちがイマイチ理解できない。

ハッキリ言って、わたしはカナくんのことなんて、まったく信じてないよ。

とくに彼は気まぐれで、思いつきでことばを口にすることも多々あるから、いちいちカナくんのことばをまともに受けとっていたら、毎日なにかしら怒ってるよ(笑)

じゃあなにを信じているのか?っていったら、あんまりちゃんとかんがえたことないからよくわかんないけど、たぶんじぶんの直感とか、じぶんのキモチ・・・総じてじぶんの本能かな。

もちろん直感や本能が百発百中あたるわけじゃないけど、でもたいていは、そんなに大きくハズれることはない。

まぁこれはなにもカナくんとのことにかぎったことじゃなくて、人生すべてのことにいえるんだけど、少なくともわたしは「他人のことば」で、何かを判断することはないなー

そもそも人の気持ちなんて、時間とともに変わっていくのがあたりまえなんだから、いくらそのときソレを本気で相手が言ったとしても、そんなの信じてたらいつか必ず「あのとき、ああ言ったからわたしは信じたのに!!」って相手を責める日がくるし。

もちろん、これはことばにかぎったことじゃなくて。

ってか、そもそも他人同士が理解しあうなんて不可能なんだし。

もちろんカナくんの人間性とか能力とか、部分的に信頼している部分はあるけれど、100%彼を信じてるか?って言われたら、基本的には信じてないよ。

ってか、そういう意味じゃ、わたしはだれのことも信じてはいない。

その中で「なんとなくじぶんとウマが合う人」ってのは確かにいるし、けっきょくは、そういう人たちと部分的につながって輪が広がっていくわけだけど、少なくともわたしは相手のことばを信じて、それで仮にそれが裏切られるカタチになっても、それはじぶんがそう判断したんだから、じぶんの責任なわけだから、そこで相手を責めたってどうしようもないと思うけどなー

たとえばソレが恋愛なら、じぶんが相手を好きなら、そのキモチをつらぬけばいいだけだし、そこまでするに値しないと思ったら、ソレをやめればいいだけの話だし。

まぁ恋愛・・・とくにW不倫の関係だと、そういうループにおちいっちゃうキモチもわからなくはないんだけど、けっきょく大事なのは「じぶんがどうしたいのか?」だと思うよ。

実際わたしもカナくんのことは大好きだけれど、最終的な判断基準にしているのはソコだからね。

だからわたしは電話でも対面でも、実際にお話をおうかがいしながら進めていくカウンセリングでは、「ご相談者さまがどうしたいのか?」ってことに、ご本人が気づけるよう、いろんな質問をしながらカウンセリングを進めていくし。

そもそも人生において「コレが正解!」なんてのはないんだから、最終的には「じぶんがどうしたいのか?」ってことで決めるしかないと思うよ。

そもそも人間なんて、じぶんでもじぶんのことなんて理解できないものなんだから、誰かのことを理解するのはもちろん、誰かのことばを信じるなんて危険きわまりない。

だからわたしはカナくんのことなんて全然、信じてないし、そのうえでわたしはカナくんと一緒にいたいから今の選択をしているだけで、じぶんのキモチが変われば、おそらく迷わず彼と別れると思う。

そのときの判断基準が「じぶんは、どうしたいのか?」ってこと。

けっきょく、じぶんが後悔しない方法って、ソレしかないからね。

☆有料マガジン【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】運営中☆

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.