変化しつづける、ということ。

わたしは変化=成長だと思っているので、

変化しつづける=成長しつづけることだと思っている。

とはいえ、変化するということは、そこに多大な勇気をともなうことも多い。

実際、そうした勇気が出せずに10年前と何も変わらず、

ただ歳をとっていくだけの人もいるというか、

むしろ、そうした人たちの方が大半だろう。

だけどおもしろいことに、口で「成長しつづけたい」といっている人ほど、

現実には何も変化していないことの方が多い。

逆に変化しつづけている人というのは、

「成長しつづけたい」なんてことばを口にしない。

なぜならそうした人たちは、そんなことを口にする暇があったら、

次々と行動に移しているからだ。

これは見ていてほんとうにおもしろいくらいハッキリしている。

わたしは成長しつづけたいなんて思ったことは一度もないけど、

(そんな向上心を、そもそももっていない)

とりあえず変化に富んだ人生は送っている。

そしてたぶん、これからも変化に富んだ人生を送っていくだろう。

そしてそんなわたしの変化に応じて、

わたしをとりまく人たちも環境も変わっていくのだろう。

どんなことにも永遠なんてないのだから。

☆月額マガジン【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】運営中☆

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.