女の子はもっとじぶんを大切にしよう。

「でも彼を好きだから・・・」

その理由だけで、じぶんを貶める行為をしてしまう女の子は少なくない。

たしかに「でも彼を好きだから・・・」というキモチのパワーはハンパなくて、

それがあなたのココロを苦しめる恋から抜け出せないことも理解はできる。

でもね、じぶんでじぶんを大切にできない人が、

人から大切にされることなんてありえないんだよ。

じぶんでじぶんを安売りしてしまう言動は、やっぱり結果となって跳ね返ってくる。

じぶんでじぶんを貶める言動は、やっぱり結果となって跳ね返ってくる。

男性からバカにされていることに気づかずに、

どんどんじぶんの価値を落とし続ける。

そんなことをしていたら、

いつまで経ってもしあわせになんてなれないんだよ。

あなたのやさしさや愛情を無下にする男には、

ビシッとした態度をとらなきゃダメなんだよ。

もっともらしい理屈や理論で言いくるめて、

じぶんの都合をおしつけてくる男の言うことなんて聞いちゃダメなんだよ。

彼の言動に違和感を感じたのなら、それを大切にしなきゃいけない。

その違和感こそ、あなたが従うべきものなんだよ。

とくにあなたが20代半ばを過ぎた女の子であるのなら、

そこはちゃんとした方がいい。

じゃなきゃ、いつまで経ってもしあわせになんてなれないよ。

誰からも大切になんてされないよ。

もっとみんな、じぶんの中に感じた違和感を大切にした方がいい。

それこそが、あなたがあなた自身を大切にする、ということなのだから。

☆月額マガジン【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】運営中☆

Like what you read? Give 菅野 萌(すがの もえ) a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.