肩書きを「占いカウンセラー/鑑定士」に変えました。

今までわたしは「占いカウンセラー」という肩書にこだわってきたし、今も「カウンセリング主体」の鑑定であることに変わりはないんだけど、今年からは個人事業主をふくむ経営者の方の鑑定も増やしていくことにしたので、(参照:時間とお金をムダにしたくない経営者の方へ)鑑定士の肩書もくわえました。

実際、LINE占いでは、おもにタロットを使って鑑定をしてるしね。(あれはカウンセリングを主体とした鑑定とは、趣向がかなりちがう)

あと、やっぱり肩書きって、すごく大事なんですよね。

じぶん自身の気持ちはもちろんだけど、まわりの評価という意味でも。

こういうのって、すごく大事。

ということで、2016年の菅野 萌は「占いカウンセラー/鑑定士」という、ふたつの顔をハッキリと提示していきます。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 菅野 萌(すがの もえ)’s story.