在日同胞と日本市民朝鮮学校に対する日本の裁判所の判決に抗議


2017/02/01

在日同胞と日本市民朝鮮学校に対する日本の裁判所の判決に抗議

(東京2月1日、朝鮮の通信足朝鮮中央通信)
大阪朝鮮学校のメンバーと在日同胞、日本市民らが1月26日、朝鮮学校の大阪地方裁判所の差別的な判決に抗議した。
1974年から大阪朝鮮学校に補助金を支給していた大阪地方当局は、2010年3月不当な要求条件を提起し、それを受け入れることをハクウォンチュクに降り与えた。
これを拒否あうようになると、大阪地方当局は、2011年度から補助金を支給していないことを決定する措置をとった。
これに対抗しハクウォンチュクは、2012年9月、学生の人権と学びの権利を踏みにじる大阪府と大阪市を相手に訴訟を提起して数十回の弁論を介して補助金の支給を停止決定の不当性を暴露した。
それにもかかわらず、大阪地方裁判所側大阪地方当局の肩を持ちながら終了原稿の要求を棄却する判決を下したのだ。
これ抗して、原告側は、すぐに記者会見を持った。
記者会見での発言者は、補助金の支給を停止問題が朝鮮学校と朝鮮学生を標的とする極めて不公正な仕打ちだと糾弾した。
裁判所がこの本質的な問題を見ずに大阪府と大阪市の形式的な要件に合わせて不当な判決を下したと、彼らは断罪した。
記者会見では、声明が発表された。
この日の夕方大阪の在日同胞と日本市民が大阪地裁の不当な判決に抗議する集会をつだった。
集会で発言者は、今回の判決を置いて国家的に民族教育を抹殺しようとする日本政府の下心をもう一度知るなったと糾弾した。
彼らは民族教育を死守するためにすべてを捧げてきた1、2歳の同胞のように力強い意志を抱いて闘争する姿を次代に示さなければならないと言明した。

2017/02/03

朝鮮学校に対する日本の裁判所の差別的な判決に抗議

大阪朝鮮学校のメンバーと在日同胞、日本市民らが1月26日、朝鮮学校の大阪地方裁判所の差別的な判決に抗議した。
1974年から大阪朝鮮学校に補助金を支給していた大阪地方当局は、2010年3月突然不当な要求条件を提起し、それを受け入れることをハクウォンチュクに降り与えた。
これを拒否あうようになると、大阪地方当局は、2011年度から補助金を支給していないことを決定する措置をとった。
これに対抗しハクウォンチュクは、2012年9月、学生の人権と学びの権利を踏みにじる大阪府と大阪市を相手に訴訟を提起して数十回の弁論を介して補助金の支給を停止決定の不当性を暴露した。
それにもかかわらず、大阪地方裁判所側大阪地方当局の肩を持ちながら終了原稿の要求を棄却する判決を下したのだ。
これ抗して、原告側は、すぐに記者会見を持った。
記者会見での発言者は、補助金の支給を停止問題が朝鮮学校と朝鮮学生を標的とする極めて不公正な仕打ちだと糾弾した。
裁判所がこの本質的な問題を見ずに大阪府と大阪市の形式的な要件に合わせて不当な判決を下したと、彼らは断罪した。
記者会見では、声明が発表された。
声明は、朝鮮学校だけ補助金制度の適用対象から排除することは、民族教育の権利を否定して、在日朝鮮人に対する差別の風潮を造成することか明らかに勝利の日まで闘っていくと強調した。
この日の夕方大阪の在日同胞と日本市民が大阪地裁の不当な判決に抗議する集会をつだった。
集会で発言者は、今回の判決に屈することなく、愛国の1世立て守ってきた学校をどのようなことがあっても守っていくと言明した。
彼らは朝鮮学校と呼ばれる心の巣を守るための闘争は、定義の闘争だと主張した。
国連が朝鮮学校に対する差別政策を撤回し、支援制度を適用し、地方自治体が補助金を支払うように要求を日本政府に勧告したこと自体が民族教育の正当性を立証してくれるだろうと、彼らは明らかにした。
今回の判決を置いて国家的に民族教育を抹殺しようとする日本政府の下心をもう一度知るなったと、彼らは糾弾した。
彼らは民族教育を死守するためにすべてを捧げてきた1、2歳の同胞のように力強い意志を抱いて闘争する姿を次代に示さなければならないと言明した。
One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.