在日同胞団体の日本駐在米国大使館前でトランプを糾弾する抗議行動展開

....................

2017/09/27

在日同胞団体の日本駐在米国大使館前でトランプを糾弾する抗議行動展開

南朝鮮メディア「統一ニュース」が伝えたよると、21日、「在日韓国民主統一連合(韓統連)」と「在日韓国青年連盟(韓青)」が日本駐在米国大使館前でトランプの妄言を糾弾する火の抗議行動を展開した。
抗議行動は「韓統連」孫亨根議長、ソンセイル副議長と「韓青」ギムスンミン委員長ら4人が参加した。
参加者は、米国大使館に抗議文を渡ししようとしたが、これは拒否されるや米国大使館の前で抗議文を発表した後、「妄言を謝罪、撤回せよ!」などのスローガンをウェアながら激しい闘争を展開した

....................

2017/09/24

在日同胞団体オールディー狂人の妄言を糾弾する抗議闘争展開

在日同胞団体だ」在日韓国民主統一連合」と「在日韓国青年同盟」が21日、日本駐在米国大使館の前でオールディーマニアックトランプが国連総会の舞台で私たちの国を「完全破壊」しなければならジュウェチン妄言を糾弾する抗議集会を行った。
団体は、トランプに送る抗議文「国連総会で一妄言を謝罪、撤回し、北米対話を直ちに開始せよ!」を米国大使館に直接伝えようしている。
しかし、大使館では、失礼な何理由も説明していない受付を一方的に拒否しオマンバンジャに遊んで挙げた。
これに激怒した団体のメンバーは、米国大使館に集まりが怒りをさく烈させ、「妄言を謝罪、撤回しなさい。」、「米朝対話を直ちに開始せよ」などのスローガンをウェアながら闘争を展開を高めた。
集会では、トランプに送る抗議文がランドクた。
抗議文は、国連総会で一トランプの妄言を厳しく糾弾しながら、彼は朝米対話に早急に取り組むことを強く求めた。
団体は抗議文を米国大使館に発送した。

....................

http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf

2017/09/26

総連の活動家米国のオールディー狂人の妄言を糾弾

(東京9月26日、朝鮮通信足朝鮮中央通信)
総連活動家が国連総会演説で、私たち共和国を「完全破壊」すると宣戦布告をした米国のオールディー狂人の妄言を糾弾して22日の談話を発表した。
ジョイルヨン総連東京も本部委員長は談話で、敬愛する最高指導者キム・ジョンウン元帥の声明に面した本部管下活動家と同胞は祖国の千万軍民と同じ気持ちで、私たちの祖国のための最も非道な宣戦布告と不法無法の反共和国「制裁決議」操作の張本人であるオールディーマニアックトランプの高騰憤激を禁じていないと述べた。
彼は敬愛する元帥の声明を仰ぎ最後の段階に入った反米対決戦を領袖決死擁護前に確固一貫させて愛族愛国運動を積極的に広げ管下すべての活動家と同胞の団結した力を最大限に発揮させることで、社会主義祖国と総連組織、同胞を死守する栄誉任務を責任をもって遂行していく意志を表明した。
富栄養っと総連大阪府本部委員長は談話で反共和国「制裁決議」をチミルオ上がる民族的怒りと燃える敵意を抱いて断固糾弾しながら火手に負えないトランプが反人倫的な妄言をすぐに撤回し、朝鮮人民の前にひざまずいて謝罪しなければならと強く求めた。
ギムヨンジュ在日本朝鮮青年同盟(朝青)中央常任委員会委員長は、談話で、全体の蜜活動家と在日朝鮮青年学生は、体はたとえ二役地にあっても、どんな天地風波にもびくともせず、社会主義祖国と生死運命を共にして領袖決死擁護、祖国防衛、総連組織射手の闘争の先鋒で朝鮮青年の気象を世界万国に高流すいくと強調した。

....................

2017/10/02

在日同胞青年たちの日本駐在米国大使館前でトランプを強く糾弾

在日「朝鮮新報」の報道によると、昨年9月27日、在日同胞青年たちが日本駐在米国大使館の前で、朝鮮半島で戦争の危険を増大させるトランプの「北完全破壊」妄言を糾弾して抗議闘争を展開した。
この日、在日同胞青年たちは、日本の警察の阻止線を突破し、米国大使館の前に進出して救援をウェアながら激しい抗議闘争を展開した。
青年たちは、日本の警察の弾圧にも屈せず、「オールディーマニアックトランプの前代未聞の妄言を断固糾弾する。」、「反共和国制裁と核侵略戦争策動をやめなさい!」、「無謀な対朝鮮敵視政策を転換せよ! “、”不倶戴天の敵の侵略者アメリカは朝鮮半島からすぐ退け!」などのフランカードを広げてスローガンをウェアはねられ。
同胞青年たちは抗議文で母祖国を「完全に取り除くチオミョ祖国人民を絶滅させる」と遠慮なく吐いチョデントランプを高騰憎悪とミョルジョクの意志で断固糾弾する明らかであった。

....................

2017/10/02

総連中央、中央団体、企業、関東地方の活動家の集会の進行

(平壌10月2一発朝鮮中央通信)
総連中央、中央団体、企業、関東地方の活動家が9月28日、総連中央会館で共和国を「完全破壊」という妄言を発した米国のオールディーマニアックトランプを糾弾する集会を持つだった。
集会には、許宗萬総連中央常任委員会の議長と副議長に、総連中央幹部と中央団体、企業幹部、関東地方の総連活動家などが参加した。
朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長の氏名がランドクたのに続いて演説があった。
スピーカーは、世界の前に厳粛に明言された敬愛する 金正恩元帥の歴史的な声明は非道非道な米帝侵略者の無慈悲で厳密な破滅のソンゴジャンであり、反米対決戦の最後の勝利を一日も早くないアオさせようと断固とした意志の宣言と強調した。
米帝が延々半世紀以上もの核恐喝と脅威を事た朝鮮人民に犯した罪を必ず決算すべきだと言った。
彼らは共和国の海外公民らしく反米対決戦に用薬流す出どんな天地風波が吹き荒れ打ちとも総連隊伍の一心団結を鉄のように固めていく決意をかわすた。

....................

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.