日本の団体朝鮮学校への補助金支給再開を要求


2017/06/22

日本の団体朝鮮学校への補助金支給再開を要求

(平壌6月22一発朝鮮中央通信)
日本の茨城県の団体だ」朝鮮学校の子供たちの人権を守る会」、「のように行こう!茨城 “、茨城平和擁護県民会議、「日照連隊茨城女性の会」と茨城朝鮮初中高級学校オモニ会が9日、茨城県庁を訪れ、朝鮮学校への補助金支給を要求する抗議闘争を展開した。
団体は、朝鮮学校補助金支給禁止は明らか民族差別であり、生徒の学習する権利、人権を侵害する到底容認できない行為だと断罪した。
現地社県庁が補助金支給禁止措置と関連した9つの項目の質問書に回答し、一日早く補助金の支給を再開しなければならないとの団体は主張した。
団体は記者会見を持った。
発言者は、現在の当局が朝鮮学校への補助金支給を再開するまで一歩も退かず、闘争すると強調した。