総連と在日同胞、日本現地社妄言に強く抗議


2017/0627

総連と在日同胞、日本現地社妄言に強く抗議

(平壌6月27一発朝鮮中央通信)
21日、日本の石川県知事なんて松本正則が共和国の自主権と朝鮮人民の生存権を全面拒否するの極端な民族排他主義的妄言を並べた。
利息は県内のスーツ会議というところ自衛的国防力を強化するための国の正々堂々た措置をかけて入ることができずムオムながら、私たちの最高の尊厳まで 触りながら「本当に北朝鮮を封鎖しなければならない。」とほざい挙げた。建設”北朝鮮国民を飢えさせて殺さなければならない。」としながら、朝鮮人民の大量殺戮を主張する野獣的な犯罪的妄言を遠慮なく吐き出した。
22日利息は再び記者会見場に現れ、自分の暴言に対する世論の批判が提起されている中でも、謝罪や反省どころか、むしろ私たちの内部で「体制が崩壊していく状況を作る必要がある。」とかで、悪意に満ち暴れるであった。
私たちの最高の尊厳を悪辣に中傷し、朝鮮人民抹殺を公然と扇動して出たが妄動に総連と在日同胞たちが強く抗議して出ている。
22日、総連中央と各本部、中央団体、事業体の活動家が一斉に知事に抗議電話、抗議ファクスを送り、妄言の犯罪的性格と重大性を断罪し、直ちに謝罪することを求めた。
23日には、総連石川県本部、フク県本部、富山県本部委員長が抗議団を組織して、石川県庁を訪れ、知事今後抗議文を突きつけた。
抗議文は、石川知事の到底容認できない妄言は、共和国公民に対する大量虐殺を主張する前代未聞の暴言としてナチスによる大量虐殺や関東大地震時の朝鮮人虐殺を彷彿とさせる非道な言動と断罪した。
知事が地方自治体のヘッダーとして、今回犯した愚かな行動について真剣に反省、謝罪して二度と同じ間違いを犯さないようにすると同時に、ジョー日量国間の対立を誘惑ならべきことだと抗議文は強調した。
彼らは記者会見を持って抗議文を発表した。
一方、日本の各界でも現地社反人倫的妄言に対して「人の命を圧力に利用しようとする反人道的であり、不適切な発言」、「インドの上の配慮が欠けていた発言 “、”物議をかもしているようだ」など糾弾との懸念の声が大きくているである。

2017/06/27

共和国の最高尊厳のために不謹慎な課題は、朝鮮人民抹殺を主張して出た極悪非道な暴言 - 総連と 在日同胞 、日本 現地社 妄言に 強く 抗議-

日本の反動層が、米国の反共和国圧殺策動に便乗して軍国主義積載唾野望を実現するための策動に狂奔している中、21日、日本の石川県知事なんて松本正則がわが共和国の自主権と朝鮮人民の生存権を全面拒否劇団な民族排他主義的妄言を並べた。
利息は県内のスーツ会議というところ自衛的国防力を強化するための私達の共和国の正々堂々た措置をかけて入ることができずムオムながら、私たちの最高の尊厳まで触りながら「本当に北朝鮮を封鎖しなければならない。」とほざい挙げた。建設”北朝鮮国民を飢えさせて殺さなければならない。」としながら、私たち人民の大量殺戮を主張する野獣的な犯罪的妄言を遠慮なく吐き出した。
22日利息は再び記者会見場に現れ、自分の暴言に対する世論の批判が提起されている中でも、謝罪や反省どころか、むしろ私たちの内部で「体制が崩壊していく状況を作る必要がある。」とかで、悪意に満ち暴れるであった。
日本の極右保守政客のファッショ的妄動は、朝鮮民族を地球上で抹殺暴れプレー日本獣の蛮行を彷彿とさせるものであって、米国の対朝鮮侵略矢印に沿って忙しくソルチョデは日本の反動層の反共和国の狂気が傍観することができない状況に至っていることを示している。
共和国の敵対意識が骨髄に満ちた残りの人達の最高尊厳を悪辣に中傷し、朝鮮人民抹殺を公然と扇動して出たが妄動に総連と在日同胞たちが強く抗議して出ている。
22日、総連中央と各本部、中央団体、事業体の活動家が一斉に知事に抗議電話、抗議ファクスを送り、妄言の犯罪的性格と重大性を断罪し、直ちに謝罪することを求めた。
23日には、総連石川県本部、フク県本部、富山県本部委員長が抗議団を組織して、石川県庁を訪れ、知事今後抗議文を突きつけた。
抗議文は、石川知事の到底容認できない妄言は、共和国公民に対する大量虐殺を主張する前代未聞の暴言としてナチスによる大量虐殺や関東大地震時の朝鮮人虐殺を彷彿とさせる非道な言動と断罪した。
知事が謝罪し反省するという在日同胞の要求にもかかわらず、自らの発言を正当化する妄言を続けていくことにより、国際慣例を完全に無視して主権国家の極めて敵対的な介在をしたと抗議文は糾弾した。
抗議文は、知事が石川県民をはじめ北陸地方の住民の中に朝鮮に対する敵愾心を意図的に扇動したのは危険な幅だと暴露した。
知事が地方自治体のヘッダーとして、今回犯した愚かな行動について真剣に反省、謝罪して二度と同じ間違いを犯さないようにすると同時に、ジョー日量国間の対立を誘惑ならべきことだと抗議文は強調した。
続いて彼らは記者会見を持って抗議文を発表した。
一方、日本の各界でも現地社反人倫的妄言に対して「人の命を圧力に利用しようとする反人道的であり、不適切な発言」、「インドの上の配慮が欠けていた発言 “、”物議をかもしているようだ」など糾弾との懸念の声が大きくているである。
Like what you read? Give moemoevip a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.