誇らしい伝統を変わらず続いていこう 
-在日本朝鮮民主女性同盟本部委員長会議の進行-


2017/02/15

誇らしい伝統を変わらず続いていこう 
-在日本朝鮮民主女性同盟本部委員長会議の進行-

在日本朝鮮民主女性同盟(女性同盟)本部委員長会議が8日と9日、東京の朝鮮会館で行われた。
ホジョンマン総連中央常任委員会の議長とイチオシ連副社長兼在日本朝鮮民主女性同盟中央常任委員会委員長、ハンドンソン総連中央組織局長、各地女性同盟本部委員長が、ここに参加した。
まず、ホジョンマン議長が演説した。
彼は今年は偉大な 首領様の誕生105周年と偉大な 将軍様の誕生75周年、敬愛する 元帥を朝鮮革命の最高水位に仰い5周年、抗日の女性霊壮大金正淑女社生誕100周年になる年であり、在日本朝鮮民主女性同盟結成70周年を迎える意義深い年と言った。
在日本朝鮮民主女性同盟は、長久な期間自己受領を代を継いで仰ぎ愛国愛族の歴史を刻んできた大衆団体と彼は言明した。
彼は女性同盟の活動家、特に本部委員長が敬愛する 最高指導者 キム・ジョンウン元帥の新年の辞に込められた思想と意図を同盟の事業に徹底的に実装することについて強調した。
敬愛する 元帥が新年祝典で教えられたように、各級組織や団体を、そのいくつかの天地風波にもびくともしない愛国愛族の城塞、信頼できるソンドルに岩のように固め同盟内のすべての活動家が元帥が万おら必ず勝利するという信念を固め大事なければならないと彼は言った。
彼は50日の集中前の中心課題を提示して同胞社会で民族性を固守して続いていくうえで、誰も代わりにすることができない重要な役割をするのが女性同盟としながら、民族結婚成就と子供を育てる、民族教育支援と民族文化運動、家庭での民族的風習継承など、同胞社会の存続に係る事業を現代に合わせて斬新に展開しなければならないと強調した。
続いてイチオシ連委員長が報告を行った。
彼は結成70周年となる今年は、女性同盟の本態を輝かせていかなければなら特に重要な年とし、きた一年を充実業績に輝かせるための革新運動を力強く展開しなければならないと言明した。
女性同盟を川威力た組織で固めていくべきだとしながら、彼は子供教育事業と民族教育固守発展のための事業を力強く広げて宣伝教育活動、民族文化事業で前進を遂げて3大愛国課題の遂行に積極的に流すから寝て訴えした。
会議では、議論があった。

2017/02/15

在日本朝鮮民主女性同盟本部委員長会議の進行

(平壌2月15一発朝鮮中央通信)
在日本朝鮮民主女性同盟(女性同盟)本部委員長会議が8日と9日、東京の朝鮮会館で行われた。
ホジョンマン総連中央常任委員会の議長とイチオシ連副社長兼在日本朝鮮民主女性同盟中央常任委員会委員長、ハンドンソン総連中央組織局長、各地女性同盟本部委員長が、ここに参加した。
ホジョンマン議長は演説で、在日本朝鮮民主女性同盟は、長久な期間自己受領を代を継いで仰ぎ愛国愛族の歴史を刻んできた大衆団体と言明した。
彼は本部委員長が敬愛する 最高指導者 キム・ジョンウン元帥の 新年の辞に込められた思想と意図を同盟の事業に徹底的に実装することについて強調した。
イチオシ連委員長は報告で、在日本朝鮮民主女性同盟結成70周年となる今年は、女性同盟の本態を輝かせていかなければなら特に重要な年とし、一年を充実業績に輝かせるための革新運動を力強く展開しなければならないと言明した。
女性同盟を川威力た組織で固めていくべきだとしながら、彼は子供教育事業と民族教育固守発展のための事業を力強く広げて宣伝教育活動、民族文化事業で前進を遂げて3大愛国課題の遂行に積極的に流すから寝て訴えした。
会議では、議論があった。
One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.