YAMAHA × monopo

Yamaha Corporation, one of the world’s leading music companies, is always striving to challenge itself while protecting the tradition that has been a core of its foundation since 1887. The VKB-100 released in 2017 is a prime example — a Vocaloid keyboard which, through a dedicated application on the user’s phone, can transfer lyrics into the instrument and have the Vocaloid sing the song as you play on the keyboard. Moreover, their DTX402 Series electric drum models are capable of emulating the feeling of playing on real drums while also allowing the musician to experiment with different…


ヤマハ株式会社 × monopo

日本を代表する音楽メーカー・ヤマハ株式会社は、1887年創業から続く伝統を守りつつも、常に挑戦することをやめない。たとえば、2017年に発表したボーカロイドキーボード「VKB-100」は、専用アプリで入力した歌詞を本体に転送すれば、ボーカロイドに歌わせながら演奏できる。

また「DTX402 SERIES」の最新機種は、電子ドラムでありながらより生ドラムに近い感覚で叩ける上に音のバリエーションを楽しめるという電子楽器の特性も発揮している。

こうしたヤマハのプロダクトを紹介するブランドムービーやWebサイトの制作を担当したのが、ミュージシャンとしても活動しているmonopoプロデューサーの田中健介だ。今回はこの田中に加え、クライアントであるヤマハマーケティング統括部の嘉根林太郎氏と新竹美奈子氏を交えて、この1年のことを振り返ってもらった。

2017年6月。嘉根氏は、最先端のクリエイティブがどのようなものなのかを知るためにカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルを訪れていた。そこで出会ったのがmonopo・COOの岡田隼だった。二人は音楽という共通の話題があったことで意気投合。日本で再会することを約束する。そして後日、嘉根氏はmonopoのオフィスを訪れ、エレキギター「REVSTAR(レヴスター)」のWebサイトのリニューアルと、ボーカロイドキーボード「VKB-100」のムービー制作の相談を持ちかける。そして、この案件を任されることになったのが田中だった。

— monopoに白羽の矢が刺さったのはどうしてだったのでしょうか?

嘉根:やはり音楽に対する理解度が深かったことですね。田中さんはもちろんですが、岡田さんをはじめmonopoにはバンドをやっているメンバーが多いので話が早いんですよ。

田中:確かに共通言語があるのは大きいかもしれないですね。楽器をやっていないとわからないことって必ずありますから。

嘉根:あとmonopoさんはメンバーが多国籍なのも大きかったです。ヤマハの売上比率は海外が70%を占めているので、国内だけに伝わるクリエイティブではダメなんです。そのあたりのことを汲んだうえで企画を出してくれるので、安心してお任せできるなと。


In 2018, monopo completed the total rebranding of the Japanese food-tech startup, COMP. The company’s product, complete balanced food “COMP”, is designed to help people who are passionate about their work or hobbies get the proper balance of vitamins and nutrients they need. It’s an easy all-around product created for a variety of situations and different needs.

<COMP> http://www.comp.jp/

While staying true to the current loyal customers and fans of COMP, in spring of 2017, we launched a rebranding mission to further develop and expand our client’s market. Our rebranding strategy consisted of developing a new product logo, package, image…


右・コンプCEO/鈴木優太氏 左・monopo プロデューサー/佐々木

2018年、monopoは日本のフードテック・スタートアップである株式会社コンプ(以下、COMP)のトータルリブランティングをローンチ。同社が扱う完全食「COMP」とは、仕事や趣味に夢中になる人が、最も手軽に理想の栄養バランスをとれるように、ヒトの健康に欠かせない必須栄養素を、様々なシチュエーションに合わせて商品化したもの。

<完全食コンプ>http://www.comp.jp/

一定層の顧客やファンがいるなかで、2017年の春、さらなる市場開拓と拡大を目指したブランド戦略の一環として、COMPはリブランディングを行うことに決めた。商品ロゴの刷新からパッケージ、イメージ画像、Webサイト、製品配送の梱包材に至るまで、すべての設計とデザインを担うといった大々的なもの。鈴木氏は、monopoをクリエイティブのパートナーに迎え、プロデューサーでもありつつ自身もmonopoのCEOである佐々木と徹底的に議論を重ね、結果リブランディングに終わらない、包括的な戦略を携えた新しいプロダクトとして生まれ変わらせた。そのプロジェクトが進んだ経緯と背景に迫ってみた。


The Young Lions Competition, which is often referred to as “Young Lions”, as well as the Young Spikes Competition, is said to be the gateway into the advertising industry for young individuals. In 2018, monopo team members were nominated as a Media Division Gold candidate and a Design Division Finalist.

This year, Yoshi Sasaki (CEO/Producer) and Mélanie Hubert (Art Director) were selected to be the representatives for Japan in the Media Division — here are their thoughts!

What is Young Lions?

The Young Lions Competition is said to be the gateway into the advertising industry for young individuals. The international advertising festival known as…


通称「ヤングカンヌ」と呼ばれる、広告業界の若手登竜門といわれるヤングライオンズコンペティション、及びヤングスパイクスコンペティション。2018年度、monopoではメンバーがメディア部門GOLD、デザイン部門ファイナリストとして選出されました。

vol.1<デザイン部門ファイナリスト/高橋・見目>の記事はこちら

今回はメディア部門日本代表に選ばれた、佐々木芳幸(CEO/プロデューサー)Mélanie Hubert(アートディレクター)に振り返ってもらいました!

ヤングカンヌとは?

広告業界の若手登竜門といわれるヤングライオンズコンペティション、及びヤングスパイクスコンペティション(通称ヤングカンヌ)。
これは、国際広告祭であるカンヌライオンズ、スパイクスアジアそれぞれで行われる30歳以下のプロフェッショナルを対象としたコンペ形式のオフィシャルプログラムです。各国の代表2名1チームが参加し、現地で与えられた課題に対し、定められた時間内に作成した映像や企画書の提出、またはプレゼンテーションにより、GOLD・SILVER・BRONZEを決定するというものです。


The Young Lions Competition, which is often referred to as “Young Lions”, as well as the Young Spikes Competition, is said to be the gateway into the advertising industry for young individuals.

In 2018, monopo team members were nominated as a Media Division Gold candidate and a Design Division Finalist. This time, first-time Young Cannes participants Kenta Takahashi (Producer/Engineer) and Takuya Kenmoku (Art Director), were selected as finalists in the Design Division — here are their thoughts!

What is Young Lions?

The Young Lions Competition is said to be the gateway into the advertising industry for young individuals. The international advertising festival known as…


通称「ヤングカンヌ」と呼ばれる、広告業界の若手登竜門といわれるヤングライオンズコンペティション、及びヤングスパイクスコンペティション。2018年度、monopoではメンバーがメディア部門GOLD、デザイン部門ファイナリストとして選出されました。

今回はデザイン部門でファイナリストに選ばれた、ヤングカンヌ初参加の高橋健太(プロデューサー / エンジニア)見目拓也(アートディレクター)に振り返ってもらいました!

ヤングカンヌとは?

広告業界の若手登竜門といわれるヤングライオンズコンペティション、及びヤングスパイクスコンペティション(通称ヤングカンヌ)。
これは、国際広告祭であるカンヌライオンズ、スパイクスアジアそれぞれで行われる30歳以下のプロフェッショナルを対象としたコンペ形式のオフィシャルプログラムです。各国の代表2名1チームが参加し、現地で与えられた課題に対し、定められた時間内に作成した映像や企画書の提出、またはプレゼンテーションにより、GOLD・SILVER・BRONZEを決定するというものです。

monopo Tokyo

monopo is a design-driven creative agency based in Tokyo, offering digital experiences, branding, advertising and video production services.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store