徳島子ども食堂のはじまり

ノウハウとは別に、ここまでのできごとを書いていきますね。

『ナガヤ図書館おとなり3』という、ちいさな図書館に集う5人で、このプロジェクトは始まりました。

Messengerグループからのスタート。スマホの中ではじめましての方もいました。

まず1人が『子ども食堂の作り方講座』という2時間の動画を見てポイントをどんどん報告してくれました。ふんふん、なんとなく運営の課題が見えてきた・・・。Twitterで見た『ゴチメシ』システムもいいなぁ。

その後、第1回めのミーティング。
ざっくばらんに話しながらも、会のポリシーが見えてきました。「アットホームな子ども食堂に入りづらい子も気軽に参加できる、ふるまいのかたちが理想」「最小限の労力で」「真似しやすい『しくみ』を作っていく」「お店の協力を得るかたち」

無鉄砲な5人。でもなんだかできそうな気がしてきた。

次は場所。雰囲気が良くて、いろんな世代に愛されていて、新しいことにもやってみようと言ってくれそうなオーナーさんのお店って・・・
「とよとみ珈琲さんは?」「今、同じこと言おうと思ってた!」
その場にいたみんなが一瞬で納得。

「『おめでとうございます、あなたが選ばれました!』って、今から言いに行こう!」(←上から目線!)

そしてその30分後には、とよとみ珈琲さんを訪問(お茶がてら)していたのでした。
寄せ集めのグループができてからここまで4日間。早かったです。

(古沢)

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 森哲平’s story.