EOS report #4 -voting decayからみるEOSガバナンスについて-

今週、Aurora EOS から届いたニュースレターにEOSのガバナンスについて興味深いデータが取り上げられていました。※参考記事:Understanding EOS Vote Decay

https://eosauthority.com/voting_decay?utm_campaign=Aurora%20EOS%20Weekly%20Update%20&utm_medium=email&utm_source=Revue%20newsletter

これは前回の記事でも少しご紹介したvoting decayの現状です。おさらいになりますが、voting decayとは、一定期間投票が行われない場合、投票の効力が目減りしていく考え方です。その目減り推移は1年で約50%減少し、2年後には0%となる設計となっています。たとえば、1000 EOSトークンを所有し、2018年11月1日に投票したとします。その後再投票を行わずに 2019年11月1日を迎えると500 EOSトークン分の投票効力となる設計となっています。要するに定期的に投票をし直す活発な有権者の票はしっかりと反映されるしくみということです。
※voting decayは活発な有権者にもっと影響を与える意図で、EOSIO Dawn 4.0により導入された考えです。

これらを踏まえて上記の状況を見てみると、ネットワーク全体での票数- 368,730,196となっていて、これまでに投票された約400万EOSトークン分の票はブロックプロデューサーのランキングに反映されていないということです。

これがどのくらいのインパクトがあるのか実際のランキング票に照らし合わせてみてみたグラフがこちらです。

https://www.getrevue.co/profile/auroraeos/issues/understanding-eos-vote-decay-140618?utm_campaign=Issue&utm_content=view_in_browser&utm_medium=email&utm_source=Aurora+EOS+Weekly+Update+

青のグラフが投票総数で、赤のグラフがvoting decayを考慮したグラフとなります。(ブロックププロデューサーのランキングはvoting decayを考慮した赤のグラフをもとに決定しています。)2018年6月のメインネットがローンチから4カ月程度とまだ短い期間ではありますが、既に投票総数(青のグラフ)とブロックプロデューサーのランキングと連動しなくなってきているのがわかります。

https://eosauthority.com/voting

現在、EOSトークン全体における投票率は3割程度と低い上に、voting decayによる投票効力の減少がさらに加速していくと、今後もブロックプロデューサーのランキング変動が激しくなることが予想できます。とくに現在投票されている票数の多くいは「EOSトークンの大口保有者」「投票権を委託されたproxy」となっていている以上、彼らが定期的な投票をし続けるかどうかにEOSネットワークの維持が委ねれているといっても過言ではないかもしれません。下記は全投票における45%程度がproxyであるとことを調査した Aurora EOSの記事から抜粋したものです。

https://medium.com/@auroraeos/the-state-of-eos-proxy-voting-october-2018-3dbae5b53954

DPOSのガバナンスの前提は、トークン所有者によるブロックプロデューサの積極的な監視に依存しています。監視によって得た信頼が投票につながることから、ブロック生成者はネットワークへ継続的な貢献活動を行うながれができます。EOSネットワークはDPOSのガバナンスをより強固にするため、voting decayという概念を導入し、ユーザーとブロックプロデューサーの双方がEOSネットワークへ積極的な貢献・監視を強いインセンティブを構築しようとしています。

しかしながら、現状のvoting decayの状況を見てわかる通り、有権者多くがこの投票の仕組みを十分に理解していないといえ、面白い取り組みであるもののまだまだ懐疑的であるといえ、その複雑さ故に場合によっては有権者にとっては悪影響となる諸刃の剣となるのかもしれません。

ブロックチェーンのガバナンスに対する取り組みは各プロジェクトが試行錯誤をしている最中であり、今後も多くの試みと失敗を繰り返しながら徐々に導き出していく分野であります。そしてEOSにおいてもその1つといえます。プロジェクトの是非は抜きにして、ガバナンスという観点でどういった歩みをしていくのか、今度の動向を追ってみるのも面白いかもしれませんね。

質問のある方はTwitter、またはDiscordでいつでもお受けしていますのでお気軽にメッセージやコメントいただけたらと思います。

・steemit:https://steemit.com/@moromaro
・Twitter:https://twitter.com/moromaro6
・Discord:https://discord.gg/G3Z4hpR
・Speaker Deck:https://speakerdeck.com/moromaro

※参考
eos.io:https://eos.io/
EOS Go — Blockchain Community:https://forums.eosgo.io/
EOSIO Medium:https://medium.com/eosio
Daniel Larimer Medium:https://medium.com/@bytemaster
EOSIO Github:https://github.com/EOSIO
EOS whitepaper:https://github.com/ZahanWu/eos-jp/blob/master/TechnicalWhitePaper.md
Roadmap:https://github.com/ZahanWu/eos-jp/blob/master/Roadmap.md
Everipedia:https://everipedia.org/wiki/eos-cryptocurrency/
CoinGecko:https://www.coingecko.com/en/coins/eos/social#panel
EOSindex:https://eosindex.io/