忘年会二次会において

忘年会に参加した.部局単位なので参加者は100人を超えていた.ホテルでコース料理.立食ではなく,くじ引きで10人ごとに円形のテーブルに着いた.全部で12テーブルほどあった.忘年会自体は知り合いの人と同じテーブルなので,部局レベルでの忘年会という感じが薄かった.

二次会は,課をまたいだ若手で集った.事務方の人もいた.幸い,気さくな方達ばかりだったので,楽しくお話した.しかし,誰それの態度が横柄だとか誰それの対応が適当だとか,どうも悪口が盛り上がる話題だった.私は最近就職したばかりで,それまでは学生だった.学生の間は,飲み会での話題は,もっとこうしたいとか,あの先生はすごいとか,同期の誰が頑張っているだとかが話題だった.どれも,基本的には,前向きな話題である.話題の差は,社会人と学生の差だろうか.色々情報が仕入れられたことは利益になったと思うし,他の課の人間に私を知ってもらえたことは有意義であった.しかし,私は人の悪口が苦手なので,それだけがどうも気にかかったのだ.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.