人生で一番高いキーボード―HHKB Professional BT編(Happy Hacking Keyboard)

HHKB Professional BT

新しいMacBook Proが発表された時、「いよいよMacBook Proまでもがぺこぺこしたキーボードになってしまったのか・・・」と時代の変化を感じたものです。今やノートブックを使うのが主流となり、純正品でも付属品でもなく、それ以外のものを選択&購入する機会は少なくなりました。最初違和感を感じるものの、大抵は少し使えば慣れていくものです。

スペックが激的に向上する性能アピールはもはや意味を持たず、ゲームでもしなければあえてデスクトップを選択することも少なくなりました。ストロークを深く押しこむようなキーボード自体、触れる機会がとても少なくなってきたように感じます。

だからこそ、あえてこの時代、このようなキーボードを選択するのは意味があるのではないでしょうか?

かなり前から気になっていたものの価格の高さから購入に踏み切れなかったキーボードを買いました。Happy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)Professional、Bluetooth版です。パソコン用のキーボードとしては、東プレ REALFORCEダイヤテックMajestouchと並び、かなり高価な部類に属するキーボードです。

実を言うと昔からちょっとした憧れでもあったんですよね。まず名前がいい。コンパクト。頑張れば持ち運べる。どこでも同じ環境を維持できる。

逆に躊躇してしまった点は、高いこと。キーが独自配列なこと。価格以上の価値を見いだせるか分かりづらかったこと(どのPCにも標準で付いているのにあえてプラスアルファで購入する価値を見いだせるのかどうか)。

Bluetooth版が出たっていうのが一番大きかったのかもしれません。デスク周りをスッキリさせたかったこと。iPadのようなタブレットでも使いたかったこと。

購入の感想としては、なるほどこれだけの価格で出しているだけの価値はあります。スコ・・・スコ・・・と深く押し込めるキーボードは手で触れているだけで心地よさを感じます。配置に慣れが必要なものの、なるべくキーから手を離さず打つ方が感覚がダイレクトに伝わる分疲れにくいようです。バリエーションで無刻印モデルがありますが、できるだけタッチタイピングを極めたほうが幸せになれるでしょう。

一つ気になるところがあるとすれば「音」。

カタ・・・カタ・・・という感じではありますが、キーを叩く音が若干大きいです。有線モデルでType-Sというものがありますが、これのBluetooth版が出たら更に良かったのかもしれません。静かな部屋では少し気になる「音」です。

日本語配列か英語配列かは完全に好みでしかないのですが、過去にどちらも使った経験からすると、日本語入力で文章を書くのならやっぱり日本語配列の方が使いやすいです。マニア志向なら英語配列なんでしょうけど、2台目以降気になったら購入してみたいと思います。

毎日触れるもの、少しグレードアップするだけでまた新たな価値が見い出せるのかもしれません。