初投稿

mediumというサービスが始まったことをききつけて、とりあえず意気揚々とアカウントを取得してみた。しかし、単に新しいこと以外にはあまり特筆性を感じない。まだ使ってもいないから、特筆性を感じないのは当然だとも言える。ユーザー同士のインタラクションがあるところは、いうなればはてなダイアリー(特に匿名ダイアリー)とそんなに変わらない気がするし、インターフェイスのルックスはnote.muに似ている、というのが多くの日本人ユーザーの思うところだろう。

ということは、このアプリケーションを使う意義というのは、むしろ英語で書き英語で読む、ということしかないのではないか(それはけっこう巨大な意味を持っているのだが)。そういうことができるかどうかはまだ分からないが、もう少し様子を見てみようと思う。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.