西洋音楽における作曲

西洋音楽にとって作曲とは、旋律を作り、それを楽式に則って発展させ、和声を付けたり対位法的に対旋律を付けて肉付けをし、楽器法や編曲法、管弦楽法に基づいて楽器に当てはめ、最終的に楽譜に書き下ろす作業である。歌の場合には、旋律を作るときに歌詞に基づいて旋律を作ることが多いが、旋律に基づいて歌詞を作ることもある。これら作曲に必要な技術をまとめて作曲法またはエクリチュールと呼ぶ。

現代音楽においては音そのものを、いろいろな自由な考え方にしたがって組み合わせる行為である。

作曲様式
作曲様式には、大きく2つの姿勢がある。ひとつは、音楽の音の美しさ、和声美、構成美といった、音楽そのものに重点を置く姿勢であり、もうひとつは思想信条、感情、物語といった、音楽の中に織り込むメッセージに重点を置く姿勢である。古典派は前者、ロマン派は後者である。これがベートーヴェンが古典派というよりもロマン派の作曲家であるといわれるゆえんである。また、新古典派の名は、ロマン派のあとで再び構成美を追究した音楽が書かれたことによる。

長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 長戸大幸’s story.