SXSW2017 Day4 まとめ

この日はちゃんと眠ってちゃんと起きられた(気がする).

8:30–9:00 Fourthright cafeで朝食
@SXSWEatsというTwitterアカウントでおすすめされていたので来訪.JW Marriottに近いのでゆっくり食べられるのがよい.

9:30–10:30 Conversation with Bill Ford on Smart Mobilityに参加
FordのBill Ford氏が登壇.二年前のSXSWで自動車業界のトップのSessionに行ったときは途中で失礼した記憶があったのでやや嫌な予感もしていたが,予想外によかった.Bill Ford氏の既存事業を脅かす新しい技術にも前向きな姿勢や,都市交通や自動運転の課題をすらすら語るあたりが印象的.

11:00–12:00 The Future of Warfareに参加
ペンタゴンからOffice Of The Secretary Of Defenseを務めるWill Roper氏がWIREDのNicholasThompson氏を相手に防衛や戦争の未来について語るセッション.
FBI,ペンタゴンなどアメリカ政府中枢からスピーカーが登壇するのもSXSWの特徴なのかなと.今年はNASAのプレゼンスも強かった.
このセッションの中で,FPSゲーム(HaloやCall of Dutyなど)に言及しつつ,ゲームのUI表現はARを戦場に取り入れる上で参考になるし,UAVを始めとする複数の兵器をひとりの兵士が同時に扱う点もこれからの兵士の役割に適っているという話も.他の領域でも技術進歩によってゲームが現実に輸入される機会はありそう.

12:00–12:30 昼食を買いながら移動
コンベンションセンターの1Fの売店で軽食とコーヒーを買って次のセッションがあるJW Marriottへ移動.買い食いで昼食を済ませる.

12:30–13:30 Not Your Mama’s Wearablesに参加
IEEE Tech for Humanity Seriesとなっているセッション.かつてGoogle GlassのTechnical Lead/Managerを務めたGeorgia Institute of TechnologyのThad Starner氏が主に登壇.
これまでのウェアラブル研究の成果をいっきに紹介する流れ.Silent speech recognition(イヤホン型のウェアラブルデバイスで耳の中の形状変化を計測し,言葉を認識する)などの基礎技術から,演奏トレーニング支援,リハビリ利用などの応用まで幅広く紹介.

13:30–14:00 JW MarriottからDriskill Hotelへ徒歩移動.その途中,澤山さんと出会う.その後,今日の夜に開催されるという謎のマスクイベントに招待される.歩いているだけで何かあるのがSXSW.

14:00–15:00 We Love Technology…Why Not When it Comes to Food?
わりと力尽きたセッション…
農業が情報科学や植物学,データサイエンス,微生物学などの専門家がチームになって取り組む時代になり,農業従事者のイメージが,これまでのどこか牧歌的なイメージから,テクノロジーを駆使する人というイメージに変わっていくだろうと,Vertical FarmingのスタートアップAeroFarmsのDavid Rosenbarg氏から発言.そのあと,Agriculture can be sexy again.というフレーズも別の登壇者から.そういう流れの中で新技術を適用した食品も受け入れられるようになるだろうか.

15:30–16:00 Kimbal Musk on Trust: The Currency of Our Generationに参加
Elon Musk氏の兄弟でThe Kitchenというレストランを展開するKimbal Musk氏のトーク.目新しさに欠けた印象で途中離脱.

16:00–16:50 SONY WOW Factory / JAPAN Factoryに訪問
SONYブースでは周囲の音をふさがないタイプのワイヤレスイヤホンのプロトタイプ展示や,Rez Infinite x Synasthasia Suit 2.0のデモ,ボルダリング x プロジェクション x スパイダーマンのアトラクション,ハシラス社のトロッコVRアトラクションなどなど盛りだくさん.もっとちゃんと時間をとっておけばよかった.

17:00–18:00 In Defense of Cyborg Civil Rightsに参加
個人的に最もインパクトのあった登壇者.赤外線や紫外線などの不可視光センシングして音に変換するアンテナを頭蓋骨にインプラントしたNeil Harbisson氏が登壇.このアンテナのような新たな感覚器官をNSO: New Sensor Organと称し,自らをAS: Artificial Senseをもったサイボーグだとした.セッションではこうしたNSOを持つ人々がますます増えることを想定し,差別や偏見をうけない社会にむけた議論.もうひとりの登壇者Richard Mackinnon氏がずっと喋っていて,Harbisson氏は話をふられたときだけ喋る展開ではあったが,SF小説の中に迷い込んだようなセッションになった.

18:00–18:15 Kashitaに向かって徒歩移動

18:15–18:45 Kashitaを見学
モバイルスマートハウスKashita.コンテナのような外観の8~10畳くらいの箱に,一通りの生活空間が揃っており,様々なスマートデバイスが埋め込まれていた.箱はアメリカのレギュレーションを考慮してつくられているとかで,どこにでも置いて家としてちゃんと認可されるのだとか.

19:00–20:15 路上で誘われたマスクイベントに参加

20:20–22:00 知り合いと夕食
同僚から教えてもらったレストラン,Easy Tigerにて夕食.屋外席だったので寒かったが,美味なクラフトビールとソーセージを満喫.

22:00–23:00 放浪
FASTENを呼ぼうと思ったがスマホの充電がきれていたり,充電してもFASTENで目的地が設定できない状態に陥ってしまい,しばらく放浪.夕食から引き続きご一緒していた方とRed River St.のフードトラックでチキンウイングなどを食べるなど(これが非常においしかった).

23:00–23:30 ホテル帰着
FASTENの異常は,他の人が呼べていることをふまえ,アプリ内のキャッシュなどに問題があると判断.OSでキャッシュ削除しても直らなかったので,一旦アプリを削除して,インストールし直したところ,ようやく正常に目的地を設定できた.

今日はセッションの間も毎回徒歩移動をしていて,昼食も座って食べる暇はなく,夕方も移動し続けていた.現地の天気予報をふまえて,歩きやすさを犠牲にした雨対応の靴で来たのが今日は裏目に.左足に疲れがたまる.

もうひとつ感じたのは,リアルタイムな情報交換と人的ネットワークの重要性.Facebook上のJapan CommunityがなければKashitaに訪問できなかった.前夜祭などでつながりを作っておいたことでかなり助けられた.