渡邊良重展「絵をつくること」を見に行った

最終日に駆け込んできた。

AUDREY のパッケージデザイン(めちゃくちゃかわいい) が亀倉雄策賞をとったらしい。

入ってすぐのところに AUDREY のパッケージがわんさか展示されていて最高になっていた。

カッティングシートかと思って近づいたら手描きだった。

すごい!

床にいちごがぽつんと落ちていた。

愛くるしい…!

🍓


ほかにもテキスタイルだったり刺繍だったりぬいぐるみだったり映像だったりイラストだったり色んなものが展示されていた。

CACUMA のお洋服を渡邉さんが作っていることをはじめて知った。

おじいちゃんの名前(覚馬)から取ったブランド名らしい。

おじいちゃんの名前がかっこいい。


とにかくよかったのは馬をモチーフにしたものがたくさんあったこと。

わたしは馬の絵が好きなのでかわいいけどかわいすぎないきれいな色をした馬がたくさんあってやばかった。

刺繍の馬もいた。

布でできた馬もいた。

馬のお菓子もあった。

わたしもこんなふうに馬を描ける人になりたい。


会場にご本人がいらっしゃったのだけど、気取らない感じのとても素敵な雰囲気を持った方だった。

夏に宇都宮美術館でキギのなにかがあるらしいので見に行きたい。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.